新型コロナウイルス関連

2020年5月21日 (木)

神戸の婦人靴メーカーがつくる「ポケピタマスク」に抗菌効果のAg+、肌あたりがやさしいシルキーが新登場しました

Main_20200521131501
ポケピタマスクAg+


「やさしい靴工房Belle & Sofa」のストア名で実店舗・オンラインショップを展開する神戸市長田区の婦人カジュアルシューズメーカーのベルは、神戸の靴工房の職人がつくる「ポケピタマスク」を4月25日から自社オンラインショップで発売したところ、初回販売は発売から47分で約2500セット、2回目の販売では1時間10分で約5600セットが完売したそうです。

同社は5月14日から、「ポケピタマスク」に肌に触れる生地に抗菌効果をもたせた「ポケピタマスクAg+」、より肌あたりにこだわった「ポケピタマスク シルキー」の販売を開始しています。

「ポケピタマスクAg+」は、ホワイト、ベージュ、ラベンダー、スカイブルー、ネイビー、ライトグレー、チャコールグレー、ブラックの8色、「ポケピタマスク シルキー」はホワイト、ライトグレー、ベージュ、ピンクの4色があります。

価格は同じ色の2枚セットで1200円+税です。

2020年5月18日 (月)

ミズノが発売した水着素材使ったマスク(マウスカバー)は完売しました。今後、法人対象のオーダー販売も始める予定です

20200513


ミズノは、水着素材を使ったマスク(マウスカバー)2万枚を同社公式オンラインショップで数量限定で発売しました。

なお、5月15日から予約を受け付けましたが、すでに完売したそうです。

このマウスカバーには、水着や陸上ウェアで採用している伸縮性に優れた2wayストレッチトリコット素材を使用し、内側には肌触りの良いソフトな素材でフェイスラインを優しく包み込む設計で、着用のストレスが少なく、飛沫拡散を抑制します。サイズはS・M・Lで各850円。

また5月末からは、スポーツウェアに採用している昇華プリントを使用したスポーティなデザインも販売する予定です。

同社は、スポーツウェアなどで展開しているオリジナルオーダーシステムを活用し、オリジナルオーダーマウスカバーを企業や自治体、チームなどに向けて販売していくとしています。

価格は850円からで、約2週間から1カ月で納品します。

Photo_20200518105901


さらに、連携協定を結んでいる森ノ宮医療大学、スマートサプライビジョン、NPOまもるをまもるの協力で、フェイスシールドのプロタイプの開発を進め、今夏の発売を目指すそうです。

2020年5月16日 (土)

「オリエンタルトラフィック」が医療従事者への婦人靴の提供を当初の1万足から応募者全員(2万足超)に拡大しました

Wasub1


婦人靴「ORiental TRaffic(オリエンタルトラフィック)」を全国展開するダブルエーは、新型コロナウイルスと最前線で闘っている医療従事者に靴1万足を提供すると、先日発表しました。

この応募は、5月14日に締め切られましたが、同社によると、予想を上回る反響で応募総数は2万2804件あったそうです。

当初は、「1万足以上の応募があった場合は抽選」としていましたが、「医療の現場で働いている皆様に少しでも役に立てればと思い、応募者全員に靴を提供する」と5月15日に発表しました。

商品は5月中に1万足を発送した後、商品の準備ができ次第、残りの分を6月下旬までに発送する予定です。

「ORiental TRaffic」は、新型コロナウイルスの感染症拡大防止のため、全店を臨時休業としていましたが、5月11日から路面店のORiental TRaffic明治神宮前店、ORiental TRaffic下北沢店を営業再開すると発表、その他の店舗の営業再開、営業時間は各商業施設のHP等で確認してください。

2020年5月 9日 (土)

「オリエンタルトラフィック」が1万足のシューズを医療従事者に提供します 応募は14日まで

Sub2_20200509114401
ポインテッドフラットパンプス


婦人靴「Oriental Traffic(オリエンタルトラフィック)」を全国展開しているダブルエーは、新型コロナウイルスと最前線で闘っている医療従事者にシューズ1万足を提供すると5月8日に発表しました。

同社では「今は外出する機会が少ないが、得意とするレディスシューズの提供で、新しい靴を履いたり、手にすることで少しでも気分を和らげることができたら幸い」とコメントしています。

応募は特設ページにアクセスして行います。応募期間は5月8日(金)から5月14日(木)まで。

対象は医療従事者(応募の際にONLINESTOREの会員登録と医療機関名の入力が必要)で、1万足以上の応募があった場合は抽選になります。

提供する商品は、ポインテッドフラットパンプス(写真、全10色、21.5~26.5㎝)と、クロスデザインミドルヒールサンダル(全10色、SS~3L)の2型から選択できます。

2020年5月 8日 (金)

靴の学校、エスペランサ靴学院の第47期生の学生募集が1年延期となりました

Photo_20200508110001


浅草から大阪に場所を移して今年5月11日に第47期生による開校を予定していた「エスペランサ靴学院」は、新型コロナウイルスの感染蔓延のため、学生の募集を1年間延期し、2021年5月の開校を目指すと発表しました。

エスペランサ靴学院(同学院第19期生で靴・バッグの企画、製造、卸、販売及び輸出入などを行うロカシュー代表取締役の大山一哲氏が神戸レザークロスが行っていた学校事業を引き継いで運営)では、「6月開校案や9月開校案なども検討したが、安心安全を最優先し、1年の延期を決めた」としています。

第47期生の募集は2021年3月17日から4月15日に行う予定で、定員は15人。

入学に必要なのは、授業料100万円、入学金30万円(工具、材料費含む)など。

募集するのは、製靴・靴型・型紙・手製製法・トレーニングを学ぶ技能コース(135日)と、商品企画・販路開拓・ブランディング・バッグ・シューフィッティング・リペア・起業・経営などを学ぶビジネスコース(80日)の2コース。

問い合わせは、A‘ワーク創造館=TEL06(6562)0410、E-mail:office@adash.or.jpまで。

2020年5月 5日 (火)

米国デッカーズブランズ社が「ホカ オネオネ」5000足を米国の医療従事者に寄付すると発表しました

Hoka_one_one_image


デッカーズジャパンは4月30日、米国デッカーズブランズ社が展開するランニングシューズブランド「ホカ オネオネ」で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最前線で戦う人々を支援するプログラムを4月中旬から開始していると発表しました。

その一環として、米国内の小売パートナーと協力して、米国内の救援活動の最前線にいる医師や看護師、その他の医療従事者に5000足の靴を寄付します。

立ち上げに際しては、Jack Robbitと協力してニューヨークとニュージャージー地域の2つの深刻な影響を受けた病院に400足以上の靴を寄付しました。

デッカーズブランズ社では、本拠地を構えて47年になるカリフォルニア州サンタバーバラのコミュニティを支援するSanta Barbara Better Together Fundを設立。

1つは女性のビジネスオーナーとの意欲的な起業家を支援するWomen’s Economic Venture基金に、そして新型コロナウイルス感染症の脅威下では、中小企業に向けて緊急の財政支援を提供しています。

また、同社は新型コロナウイルス感染症の救済活動に100万㌦の寄付を予定しています。


2020年4月30日 (木)

アキレスが子ども用の「抗ウイルスブーツ」を発売しました

Scb-1150
モントレ抗ウイルス115 2700円+税


インフルエンザやノロウイルスなどのウイルス感染による被害は、健全な生活を脅かす脅威になっています。

例えば、咳やくしゃみで空間に排出された飛沫に含まれるウイルスは、顔や体、衣服だけでなく、重力によって足元にも落下します。

そのため、床に付着したウイルスが靴などに付着し、玄関で靴を脱ぎ履きすることで室内エリアにも拡散していく恐れがあります。

そして素材や気温・温度により異なるものの、付着したウイルスによっては、数時間から数日間は感染能力を保持するとも言われます。

アキレスは、こうしたウイルス感染に対応した抗ウイルス対応の国産インジェクションブーツを19年5月から、第1次産業や食品加工業従事者などに向けた業務用ブーツブランド「ワークマスター」から発売しています(サイズ22.0~27.0、28.0、29.0、30.0㎝で5800円+税)。

さらにこのほど、一般生活圏にもウイルスの脅威が迫っていることを考慮して、快適な履き心地で評価の高いブーツブランド「MONTRRE(モントレ)」に、子ども用ブーツ「モントレ 抗ウイルス115」を追加し、4月中旬から靴専門店や有名ECサイト、アキレスウェブショップで本格販売を開始することを決めました。

同社の抗ウイルスインジェクションブーツは、特殊薬剤をPVC(塩化ビニール)に練り込んで成型(靴底含む)する国産モデルで、抗ウイルス性試験において、表面に付着した代表的なウイルスが24時間後には99%以上低減することが確認されています。

細菌とウイルスは似て非なるもので、細菌(病気を起こす菌の例では大腸菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌など)は、栄養があれば自身で増殖できる生物であるのに対し、ウイルス(インフルエンザ、ノロウイルスなど)は、他の生物の細胞に寄生して増殖する物質のようなもの。

このため、細菌には抗菌剤(薬としては抗生物質)が有効ですが、ウイルスには効きません。

アキレスの抗ウイルスブーツは、菌やカビだけでなく、代表的なウイルスに対しても効果が持続するという市場で稀有な機能を有しています。

「モントレ 抗ウイルス115」の価格は2700円+税です。サイズは14.0~21.0㎝(ハーフサイズなし)。

この商品の販売に関する情報は、同社シューズの公式サイトでご確認ください。

2020年4月25日 (土)

神戸の靴メーカー、ベルが自社で製造するマスクをオンラインショップで発売します

Sub1_20200424130101


「やさしい靴工房 Belle & Sofa(ベルアンドソファ)」のストア名で実店舗・オンラインショップを運営する兵庫・神戸の婦人カジュアルシューズメーカー、ベル(高山雅晴代表取締役)は、4月25日(土)正午から、自社オンラインショップで、靴工房の職人がつくる顔にぴったりとフィットするポケット付きマスク「ポケピタマスク」を発売します。

Sub7


このマスクは、元々、人と接する機会の多い販売スタッフや、電車で通勤するスタッフのためにつくったもので、実店舗のユーザーからの「一般発売してほし」という声に応え自社オンラインショップで販売したところ、わずか8分で210セットが売れた人気商品。

生地には、伸縮性があり柔らかいポリエステルを100%使い、顔に隙間なくぴったりとフィットすることが特徴。

ワイヤー入りのマスクに比べても顔から浮くこともなく、鼻まわりにも心地良くフィットするそうです。

ポケピタマスクには、不織布やキッチンペーパーをはさめるポケットが付いており、フィルター機能を高めることが可能。

また、ひもの部分には靴づくり50年の知識を活かし、柔らかく肌に優しい生地を伸縮性の出る切り方(バイアスカット)にすることで、長時間の着用でも耳が痛くなりにくい。長さの調節も自由自在。

カラーはカーキ、ネイビー、スカイブルー、チャコールグレー、ライトグレー、ホワイトの6種類があり、同じ色の2枚セットで1200円+税です。

2020年4月24日 (金)

「キーン」がタイの自社工場でマスクを15万枚製造、被災地や児童養護施設、靴購入者などに配布します

Thaifactory_1
タイ工場でのマスク製造の様子


キーン・ジャパンは、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、全世界で課題となっているマスク需要を受けて、タイの自社工場でマスクの製造を開始した、と4月23日に発表しました。

「キーン」は、“Together we can help(あなたと一緒だからできること)”をテーマに、新型コロナウイルス感染拡大の影響に向き合い、活動を行っています。

そこでタイの自社工場の1区画をマスク製造ラインにし、マスクの製造を開始。全世界で15万枚を無償提供することを決めました。

マスクの素材には、シューズの材料として調達していた生地を活用、シューズ製造を行うキーンが得意とする立体縫製を活かした立体マスクは、フィット感も高く、リバーシブル仕様で洗って繰り返し使用できます。医療用マスクではありませんが、感染予防の必須アイテムとして提供するとのことです。

Njs00451


日本においては、被災地や児童養護施設、女性用シェルター、キーン関連企業やサプライチェーンなどへの提供を予定しています。

また、4月28日(火)から国内キーンオンラインストアでのシューズを購入者にマスクを提供する予定。なお、配布予定枚数に達し次第、修了となります。

キーンのタイ工場でのマスク製造の様子は、キーン公式YouTubeチャンネルから見ることができます。

アシックスが神戸の病院に医療用防護服の代替品としてランニングポンチョ約5400枚を寄贈しました

200423
アシックスが寄贈したランニングポンチョ


アシックスは4月23日、新型コロナウイルスの感染拡大のなか、治療の最前線に立つ医療現場で不足している医療用防護服の代替品として、同社製品のランニングポンチョ約5400枚を、同社の本社がある兵庫県神戸市の神戸大学医学部付属病院に寄贈したと発表しました。

これらのポンチョは今後、神戸大学医学部付属病院の外来診療などで使用される予定だそうです。

さらに同社では、袖付き医療用防護服の代替品の自社工場での製造についても、具体的に検討を進めているとのことです。

無料ブログはココログ