靴関連見本市

2020年9月28日 (月)

10月14~15日に神戸でケミカルシューズ&ケミカルサンダル展が行われます

Photo_20200928135701


日本ケミカルシューズ工業組合主催、全日本ケミカルサンダル工業協同組合連合会(全サン連)の共催による「第167回 2021春 日本グランドシューズコレクション & 全国サンダルフェア」が10月14~15日、神戸のポートアイランド内の神戸国際展示場2号館で開催されます。

後援は近畿経済産業局、兵庫県、神戸市、神戸商工会議所、兵庫県物産協会、神戸観光局のシューズ業界のビジネストレードショーとなります。

婦人靴42社、紳士靴11社、全サン連5社が出展します。開場時間は14日が9:30~17:30、15日は9:00~16:30となります。

なお、ケミカルシューズ工業組合では、展示会開催にあたり会場内消毒や換気、身体的距離の確保など、新型コロナウイルス感染防止対策に努めて開催するとしています。

2020年6月 2日 (火)

東京レザーフェアの公式SNSがスタートしました

Photo_20200601160801
昨年の春に開催された東京レザーフェアの様子


今年5月27、28日に予定していた東京レザーフェア(TLF)の開催を、新型コロナウイルスの影響で中止した協同組合資材連は、このほど皮革業界とレザーファン要望に応える形で、「東京レザーフェア」の公式SNS(公式Facebook公式Instagram公式Twitter)を開設しました。

ここからTLFの情報に加え、加盟企業・団体のイチオシ素材や個展情報などのトピックスを発信いていきます。

また、イタリアで開催される素材の見本市、リネアペッレのトレンドセクション総責任者のアントネッラ・ベルタニン氏による「2021春夏リネアペッレトレンドオンラインセミナー」を6月12日(金)に開催することを発表。

詳細は、TLF公式サイトをチェックしてください。

2020年4月16日 (木)

7月開催予定のモーダ・イタリア展&シューズ・フロム・イタリー展の中止が決まりました

2_20200416131301
昨春に開催されたモーダ・イタリア展&シューズ・フロム・イタリー展


イタリア大使館貿易促進部(エリカ・ディ・ジョバンカルロ部長)は4月16日、今年7月7~9日に東京のベルサール渋谷ガーデンで開催予定だった「モーダ・イタリア展&シューズ・フロム・イタリー展」を中止すると発表しました。

イタリア大使館貿易促進部ならびにローマ本部(イタリア貿易促進機構)は、開催に向けてさまざまな方策を検討してきたが、「国内外での事態の収束が見通せず、十分な完全防止策を講じることが難しいと判断するに至った」としています。

なお、次回の「モーダ・イタリア展&シューズ・フロム・イタリー展2021-22秋冬コレクション」は、2021年2月8~10日にベルサール渋谷ガーデンでの開催を予定しています。

2020年3月26日 (木)

「東京レザーフェア」開催の可否は4月15日までに判断すると発表しました

Photo_20200326163201
昨年同時期開催の第100回東京レザーフェアの様子


協同組合資材連は3月26日、都立産業貿易センター台東館(浅草)で5月27~28日に開催を予定している日本最大級の皮革および皮革関連資材のトレードショー「第102回東京レザーフェア」について、新型コロナウイルスの影響による状況を注視しつつ、開催の可否についての最終判断を4月15日までに行う、と発表しました。

また、15日以前に開催が難しい状況となった場合には、判断を早めて速やかに報告するとしています。

2020年1月21日 (火)

2月4~6日に第66回シューズ・フロム・イタリー展がベルサール渋谷ガーデンで開催されます

Photo_20200121142501
前回開催のシューズ・フロム・イタリー展の様子


イタリア大使館貿易促進部は、2月4~6日に東京のベルサール渋谷ガーデンで開催されるビジネスショー「第56回モーダ・イタリア展&第66回シューズ・フロム・イタリー展2020-21秋冬コレクション」の参加予定メーカーを発表しました。

それによると、アイテムはレディスウェア39社、バッグ&レザーグッズ39社、婦人靴23社、ファッション小物20社、ニットウェア19社(重複あり)の順で多く、合計で138社(アパレル関連69社、レザー関連44社、シューズ関連25社)が出展します。シューズは、婦人靴・紳士靴合わせて38社。

18年から受付時の混雑緩和のため、オンライン来場事前登録システムを始動、スマホにも対応して出展社リストを見ることもできます。

また、日本のトップスタイリストが、出展社のアイテムをセレクトし、日本のマーケットに向けたコーディネイトを提案。会場内の撮影エリアで、実際にモデルがアイテムを着用し、カメラマンが撮影するフォトシューティングを実施します。

恒例の海外(台湾、韓国、オーストラリア、ニュージーランド)からのバイヤー招聘に加え、日本の地方拠点に活躍するバイヤーを招待するバイヤーズ・ミッションも行います。

初日の2月4日の午後6時からは、会場B1のコーヒーポイントで、イタリアではおなじみのアペリティーボ“HAPPY HOUR”を用意、スパークリングワインを提供します。

無料ブログはココログ