ショップオープン

2019年12月 1日 (日)

「コールハーン」のウィメンズのポップアップストアが阪神梅田本店3階にオープン中です

Sub1_20191129200901
グランドプロ ラリー


期間は12月10日(火)まで。店内は友人の家に招かれたような雰囲気のなか、快適な履き心地のブーツを始めとする多様なフットウェアや、ギフトにも最適なハンドバッグや手袋などのライフスタイルグッズなどを販売しています。

フットウェアでは、シンプルなデザインにアクセントカラーがスタイリッシュなスニーカー、GRANDPRO RALLY(グランドプロ ラリー)が関西地区で、どこよりも早くローンチされています。

2019年9月13日 (金)

「ラコステ」の古着と新作をミックスした期間限定ショップが表参道にオープンしました

Photo_20190913172601

表参道沿いにオープンしたラコステの期間限定ショップ

ラコステ ジャパンは、過去に販売された「ラコステ」の古着と今季(秋冬)の新作をミックスして販売するポップアップショップ「OLD meets NEW」を、表参道ベーカリカフェ426(渋谷区神宮前4-26-18原宿ピアザビル1・2・階)に9月13日(金)にオープンしました。期間は25日(水)まで。

全国の古着ショップから買い付けた古着約400着と新作(シューズ含む)をミックスしたコーディネート提案を行うとともに、古着をもとの価値よりも高めるというUPCYCLE(アップサイクル)オーダー会も行います。

今回は、デザイナーの藤澤ゆきさんによる、洋服に箔(はく)を施すUPCYCLEを実施するほか、来場者、購入者特典も用意しています。

Photo_20190913172602

店内の様子

ラコステ ジャパンでは「ファッション業界が直面する大量生産・大量廃棄の問題に対し、古着を使ったファッションの可能性に光を当てることは、時が経っても衰えることのない“タイムレスな価値”を大切にしているラコステらしいひとつの解決策であり、これからの時代のファッションの楽しみ方」と考えています。

ポップアップショップ閉店後も、ラコステの直営店で「OLD meets NEW」の精神を受け継いだサービスを継続展開する予定です。

 

2019年9月12日 (木)

「アンダーアーマー」のグローバル旗艦店が新宿にオープンします

Photo_20190912194301

ドームは、「アンダーアーマー」のグローバルフラッグシップストア世界1号店となる「ブランドハウス新宿」を9月13日(金)、新宿高野本店のあるビルの1~3階にオープンします。店舗面積は約1500㎡。

ショップにはトレーニングルームも備え、女性のためのウェアやシューズも充実させています。

Photo_20190912194302
ファッションショーの様子

12日(木)に行われた内覧会には、高橋由伸さん、長谷川理恵さん、アンダーアーマーグローバルアンバサダーの栗原ジャスティーンさんによるトークセッションやファッションショーも開催されました。

4
ドーム安田CEOとゲスト3人のショット

詳細は、Shoes Post Weekly で紹介する予定です。

2019年8月22日 (木)

リーボックの新コンセプトストアが日本初上陸。渋谷に9月14日にオープンします

1_20190822115701

「リーボック」のDNAであるフィットネスとファッションを融合した新コンセプトストアの日本第1号店「リーボックストア 渋谷」が東京・渋谷にオープンします。

「リーボックストア 渋谷」はスタジオフィットネス、トレーニング、ウォーキング、ランニングを中心とした高機能パフォーマンスウェアやシューズから、80~90年代を代表するリーボックの歴代スニーカーやアパレルまで、リーボックの魅力のすべてを一度に体験できる新たなコンセプトストアで、今年1月に世界に先駆けて中国・北京でローンチされ、日本には初上陸となります。

オープン記念キャンペーンとして、生誕25周年を迎えたインスタポンプフューリーの人気モデル“シトロン”および“サックス”の数量限定販売や、オリジナル限定Tシャツなどを発売。

また、リーボックと所縁の深い格闘家、堀口恭司選手やフィットネストレーナーのガンダルフ・アーチャー・ミルズとのスペシャルコラボアイテムの販売も予定しています。◇リーボックストア 渋谷=東京都渋谷区神南1-20-17▽TEL=03(5784)0960▽店舗面積=263㎡(76.9坪)

2019年4月27日 (土)

アディダスブランドコアスト渋谷がよりファッショナブルになってリニューアル #アディダス #アディダスブランドコアストア渋谷 #渋谷

Photo_31

アディダスジャパンは、国内最大の旗艦店「アディダスブランドコアストア渋谷」を4月26日、最新のストアコンセプト“STADIUM 2.0(スタジアム2.0 )”によってリニューアルしました。

STADIUMコンセプトは、店舗をスタジアム(競技場)のバックヤードと捉えた店内構成が特徴。入り口をフィールドである街へ飛び出していくためのプレーヤーズトンネルと捉え、コンクリート打ちっぱなしの床やロッカールームを模した試着室、大きなスクリーンを備えています。

今回のSTADIUM 2.0は、有機的な要素を加えてビビッドなカラーや文字などを取り入れることで、よりファッショナブルな空間にしています。デザイナーでクリエーターの河村康輔氏による渋谷をイメージしたアートをエリアごとに配置し、1階入り口脇には、写真のような限定のTOKYO GRFX(グラフィックス)Tシャツコーナーを設置しています。

2019年2月25日 (月)

3月29日オープンのデカトロンにワークマンが包囲網を張っています #デカトロン #ワークマン #ワークマンプラス

Photo_2
デカトロン西宮店のイメージ


スポーツ&アウトドアのアパレル、用品を低価格で提供、
世界51カ国に約1500店舗を展開しているデカトロン(Decathlonが3月29日、日本1号店「デカトロン西宮店」を阪急西宮ガーデンズ本館3階にオープンします。

デカトロンは、フランスのリールで1976年に創業、18年度のグループ売上高は110億ユーロ(約1兆3000億円)。売上げの67%は海外店舗によるものです。日本ではデカトロンジャパンにより、2015年からオンラインストアを開設していました。

1986
年に初の自社オリジナルブランドを立ち上げて以来、現在は80種類以上のスポーツをオリジナルブランドでカバーしています。

「デカトロン西宮店」は約1800㎡の売り場に、登山・キャンプ・ハイキング、ランニング、トレイルランニング、陸上競技、ヨガ・フィットネス、水泳・アクアフィットネス、サイクリングなど30種類以上のスポーツカテゴリーを展開。各種スポーツシューズも販売する予定です。

この出店について、「ワークマンプラス」にとって唯一の競合相手であるとするワークマンは、321日にららぽーと甲子園に「ワークマンプラス」をオープン、同日に路面店の大阪水無瀬店を「ワークマンプラス」に改装して迎え撃ちます。

さらに、関西地区の120店でアウトドア売り場を強化して包囲網をつくると宣言、「1120の数の優位で西宮戦争を制する」と対抗意識を表に出しています。

2018年10月 6日 (土)

次世代型オーダーメイド靴のミリメーターが有楽町マルイにポップアップショップをオープン

Photo
売り場と靴工房が一体となったポップアップショップ


3Dプリンターで作製した木型を用いてオーダーメイド婦人靴を展開するミリメーター(本社:東京・新宿区、粕谷孝史社長)は、有楽町マルイ店2階のレディスシューズ売り場の全面リニューアルに合わせ、自社の婦人靴ブランド「Eoluna(エオルナ)」のポップアップショップを918日にオープンしました。

自社開発した足の
3D計測器と3Dプリンターでつくる木型を使って職人が1つひとつ形の異なる靴をその場で手づくりするという、売り場と靴工房が一体化したショップです。期間は1020日まで。

ミリメーターは
201510月、足に合う靴を製造する独自技術によりフルオーダーメイドの婦人靴を従来の半額で提供することを目的に設立されたベンチャー企業。

ミリメーターのポップアップショップは、
3D計測器や3Dプリンターはもちろん、ミシンや革漉機、グラインダー、圧着機などの製靴用機械を一通り揃えているほか、靴職人の作業スペースを設け、ベテランの職人による熟練した手仕事と、最先端の3D技術を間近に見ることができる“未来の靴売り場”を志向しています。価格はパンプスが税込65000円から、ブーティ同12万円から。

詳細は、Shoes Post Weeklyの紙面で紹介しています。

 

2018年9月26日 (水)

ワークマンが一般顧客向けの「ワークマンプラス」の展開に乗り出しました

Photo_2

靴は防寒ブーツ、軽量アスレシューズなどを販売

ワークウェア・作業用品のフランチャイズ小売店を展開するワークマン(本社:群馬・伊勢崎市)は95日、「ららぽーと立川立飛」に一般顧客向けの高機能ウェアの新業態店「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」を初出店しました。

同社は
2年前から一般顧客向けに①アウトドアウェアの「フィールドコア」、②スポーツウェアの「ファインドアウト」、③レインスーツの「イージス」の自社3ブランド製品を全国825店舗で販売しており、売上高は173月期の30億円から183月期には60億円に拡大、今期は115億円になる見込みだそうです。

これに伴いワークマンの店舗では一般顧客が増えて全体の
2割(プロ顧客が8割)に達しており、自社3ブランドを一般顧客に販売するため、新業態店の「ワークマンプラス」を買い物に便利な大型ショッピングセンターに今後大量出店していくとしています。

「ワークマンプラス」で販売する自社ブランドのシューズについては、「フィールドコア」ではアウトドア、タウンなどシーンで選べる防寒ブーツ(
19002900円+税)、「ファインドアウト」では軽量アスレシューズ(980円+税)などを中心に展開していきます。

 

無料ブログはココログ