紳士靴

2020年9月 7日 (月)

「マドラス」からイタリア・マドラス社との技術提携55周年を記念したシューズが発売中です

Photo_20200907105501


マドラスは、1965(昭和40)年にイタリアのマドラス社と技術提携してから55周年を迎えたことを記念したシューズを「マドラス」から発売しています。

“新たな革底シリーズ”と銘打って提案されたダブルモンクデザインのM462は、オランダ産キップをアニリン調に仕立てたアッパーをマッケイ製法で仕上げた革底モデル。価格は3万3000円+税。

ディテールと色のコンビネーションで「マドラス」らしさを表現しており、革底はイタリア産のソフトベンズを採用することで屈曲性にも優れています。

さらに中底には弾力性に優れるKaRVOを搭載し歩きやすく、トップリフトには同社比で約6倍の耐久性がある新開発の超耐摩耗TPUを採用するなど、最新技術も取り入れています。

また、踏付け部には、防臭・抗菌・防カビ効果のある機能素材、NEWFINEを搭載し、衛生面にも抜かりはありません。

カラーは、特徴的なライトブラウングリーンのほか、ブラック、ネイビーバーガンディを用意しています。

2020年9月 5日 (土)

紳士靴「ムーンスター バランスワークス」から国産ドレスのクラシックシリーズが誕生しました

Main_20200903163801


ムーンスターは、足のストレス軽減を目指した紳士靴「ムーンスター バランスワークス」から、国産のクラシックシリーズ3型を8月下旬から順次発売しています。

このクラシックシリーズは、紳士靴本来の美しさと独自機能を両立させた本格ドレスシューズ。

アッパーにはきめ細やかで上質なキップレザーを使用し、レザーとラバーを組み合わせたアウトソールで、紳士靴としての上品さと歩きやすさにこだわりました。

インソール表面やライニングにもレザーを使うことで、足馴染みを良くしています。

ビジネスシーンはもちろん、パーティなどのフォーマルシーンでも安心です。デザインは、内羽根ストレートチップ、内羽根クオータープローグ、ダブルモンクストラップ。

バランスワークスの機能性の特徴のひとつである安定性を高めるため、3つの特徴を備えています。

ひとつめは、独自開発のドット形状を備えたインソール。足裏感覚に着目し、これを適度に刺激することで足裏の圧力分布を知覚しやすくなり、バランス能力向上に働く設計にしています。

ふたつめは、アウトソールにあえてくぼみを設計することで、靴のグラつきを抑えます。そして三つめは、内側を長く設計したヒールカウンターで足のブレを抑えます。

Sub8


サイズは24.0~28.0㎝・29.0㎝で価格は2万円+税(29.0㎝は2万2000円+税)。ウイズは3Eで、各ブラックとダークブラウンを用意しています。

2020年8月20日 (木)

アシックスジャパンが「ランウォーク」シリーズのドレススポーティシューズを限定販売します

200818asics-runwalk-lead


アシックスジャパンは、ビジネスシューズ「RUNWALK(ランウォーク)」シリーズから、同社のスポーツシューズに搭載する機能を多く取り入れたドレススポーティシューズ「ASICS RUNWALK LEAD(アシックスランウォークリード)」を、8月21日からRUNWALKシリーズの専門店、アシックスウォーキング、アシックスオンラインストア、全国の百貨店などで1000足限定で順次販売します。価格は4万5000円+税です。

「スポーツシューズをドレスシューズに落とし込む」という新たな発想により、RUNWALKシリーズの最上位モデルに位置付けられます。

靴底の踵部と前部の周囲に衝撃緩衝材のGEL(ゲル)を搭載、ミッドソールはにランニングシューズにも使われている、クッション性と反発性に優れた独自開発のスポンジ材、アンプリフォームを全面に採用するなど、スポーツシューズの機能を応用しています。

アッパーは足あたりの良い上質なキップレザーを採用し、足を包み込むようにやさしくフィットします。

商品名に付けられた“LEAD”とは、「Life to Enjoy、Active、Dynamic」というコンセプトからとったもの。

サイズ24.0~29.0㎝(0.5㎝刻み)でウイズは3E。

ブラック×ブラック、ブラック×ホワイト、ブラック×クラシックレッドの3色展開で、ブラック×クラシックレッドは9月25日からの発売を予定します。

2020年8月 8日 (土)

シューズ愛ランド泉北高石店(大阪府)で「テクシーリュクス」オンライン靴磨き教室が開催されました

A_20200807113201
谷口化学工業所の谷口弘武専務を講師に行われたtexcy luxe(テクシーリュクス)オンライン靴磨き教室」


アシックス商事は、ユーザーに商品やサービスを直接、体験してもらう機会を重視し、店舗への集客につながる「足形測定会」などのリアルなイベントを全国の靴専門店を中心に継続的に展開しています。

その一環となるユーザー参加型イベントとしてこのほど、東京靴が運営するシューズ愛ランド泉北高石店(大阪府高石市)の協力のもと、「texcy luxe(テクシーリュクス)オンライン靴磨き教室」を開催しました。

今回は新型コロナウイルス感染症拡大の防止に配慮しながら、専門的な知識や技術を伝えることで自宅でも本格的な靴磨きが実践できるように企画したものです。

「テクシーリュクス」プレミアムショップにもなっているシューズ愛ランド泉北高石店のアプリ会員に対し、事前の応募告知を行い、講師に谷口化学工業所(ライオン靴クリーム本舗)の谷口弘武代表取締役専務を招き、エントリーした16人に2回(各回40分)に分けて実施しました。

参加者からは「靴磨きは面倒だと思っていたが楽しく行えたので、今後も継続したい」「靴磨きの必要性が分かり、シューズに愛着が湧くようになった」などとの声が聞かれたそうです。

主催者であるアシックス商事創造販売本部荒巻真央本部長は「ユーザーとのコミュニケーションイベントにこだわる理由は、単に商品やブランドの世界観を伝えるだけでなく、商品の本当の価値を知って愛着を深めてもらいたいから。今後も手軽に参加できるオンラインイベントと、履き心地が体感できるリアルイベントを組み合わせながら、メーカー、流通、ユーザーとのエンゲージメントを継続していきたい」と話しています。

C

2020年7月16日 (木)

「はるやま」「P.S.FA」でビジカジ通勤やリュックスタイルに合わせやすい紳士靴を発売中です

Main_20200715115601


紳士服チェーン大手のはるやま商事(岡山市)が展開する「はるやま」と「PerfectSuitFActory(P.S.FA)」は、スニーカーライクなデザインがビジカジ通勤やリュックスタイルに合わせやすく、軽量・撥水加工・幅広3Eなど、履き心地にこだわった10の機能を搭載した「TOKYORUN(トウキョウラン)」ビジネスシューズを、全国のはるやま店舗(6月末時点249店舗)、P.S.FA店舗(同96店舗)およびP.S.FAオンラインショップで発売を開始しました。

TOKYORUNビジネスシューズは、従来の革靴にある底ヒールをなくし、スニーカーのようなソールデザインを採用したカジュアルテイストにすることで、トレンドのビジカジファッションやリュック通勤のスタイルに合わせやすくしています。

アッパーデザインは、外羽根プレーンと外羽根Uモカでカラーはブラックのみ。価格は1万円プラス税。

2020年7月 6日 (月)

マドラスがJリーグ、名古屋グランパスの公式ドレスシューズの販売を開始しました

Img_6980_s


マドラスは、サッカーJ1の名古屋グランパスと、2020シーズンのパートナー契約を締結し、公式ドレスシューズを7月4日から発売しています。

同社は、18年度からパートナー契約に基づき、madras × GRAMPUS のコラボモデルを名古屋グランパスの公式ドレスシューズとして、監督、選手、チームスタッフ全員に提供しています。

今シーズンのモデルは、マッケイ製法のスタイリッシュなローファーを用意し、グランパスカラーの赤を、アッパーとアウトソールのステッチ、アッパーのベルト部分にさりげなくあしらっています。

Img_6995_s


マドラス直営店のマドラス栄地下店、マドラス栄久屋大通店、マドラス大名古屋ビル店、マドラス名古屋ユニモール店のほか、マドラスオンラインショップでも入手が可能です。

サイズ24.0~27.5㎝の紳士靴で、価格は3万3000円+税です。

2020年6月26日 (金)

「リーガル」「リーガルウォーカー」が岩手県奥州市のふるさと納税返礼品にラインアップされました

Main_20200625160201


リーガルコーポレーションは、グループの国内製造工場である岩手シューズで製造した紳士靴「REGAL(リーガル)」および「Regal Walker(リーガルウォーカー)」が、岩手県奥州市のふるさと納税返礼品にラインアップされたと発表しました。

Sub1_20200625160201


「リーガル」ブランドからは、軽さが特徴のセミマッケイ式製法を採用した、スーツスタイルにも合わせやすい王道のストレートチップ。

Wsub3


「リーガルウォーカー」からは、底の返りが良いステッチダウン式製法を採用した、歩きやすさにこだわったプレーントウとモンクストラップを用意しています。

いずれの製品も、“モノづくり”を追求するリーガルコーポレーションの熟練した職人の手によって、1足1足ていねいに仕立てられており、同社のこだわりと履きやすさが詰まった製品となっています。

寄付設定額は、「リーガル」が8万8000円、「リーガルウォーカー」が8万1000円。

受付開始は6月26日正午からで、発送は7月1日以降を予定しています。

これらの製品は、「ふるさとチョイス」「楽天ふるさと納税」に出品しています。

2020年6月 9日 (火)

紳士ビジネス靴の「テクシーリュクス」にゴアテックス搭載の新シリーズが登場しました

Photo_20200609101401
TU-801 1万5000円+税


アシックス商事は、ビジネスシューズブランド「テクシーリュクス」から、防水・透湿性に優れるゴアテックス素材を採用した新シリーズ(5型6カラー)を5月末から全国の靴専門店やGMS、ECサイトなどで順次発売を開始しました。

今回発売のゴアテックスシリーズは、発売10周年を迎えた同ブランドの最上位商品グループとして、上質感のあるフォルムに快適な利便性を追求。ライニング材にゴアテックス素材を採用することで、シューズ内をドライで快適に保ちます。

また、スタイリッシュなフォルムでありながら足囲にゆとりを持たせ、履き口まわりに足当たりを良くするパッドを設けるなど、細部にまでこだわった仕様としています。

Photo_20200609101402
TU-8002 1万5000円+税


商品構成は、カンボジア生産のTU-8001~TU8004の4型が1万5000円+税、そしてアシックスグループの国内シューズ生産工場である山陰アシックスで生産されるTU-901が2万3000円+税。

TU-8001~TU8004は、ややロングノーズのスタイリッシュなデザインを採用し、“ソフト、ライト、フレキシブル”という従来のテクシーリュクスの履き心地を継承。

アウトソールは、耐久性と屈曲性に優れる低硬度ラバーを多めに配置して積寒地にも対応できるようにしています。

また、インナーソールにはへたりにくい発泡ウレタンを全面に採用、つま先部には消臭繊維のMOFFを搭載し、履き心地と快適性を高めています。

Photo_20200609101403
TU-901 2万3000円+税

TU-901は、日本の職人の手によって仕上げと底付けが行われており、天然皮革にアンティーク加工を施すことで1足1足に表情をつけています。

2020年5月15日 (金)

フランスの老舗革靴 「J.M.WESTON」をセレクトショップのトゥモローランドがオンラインで販売します

Sub1_20200515114401
180ローファー


120年を超える歴史を持つフランスの老舗革靴メーカー「J.M.WESTON(ジェイエムウエストン)」のシューズを、トゥモローランドがTOMORROWLAND ONLINE STOREで販売します。

Sub2_20200515114401
ゴルフ


J.M.WESTONの歴史と切り離せない1946年に生まれた象徴的なモデル、180ローファー(9万5000円+税~10万円+税)、1955年にゴルフ場の芝生で誕生したゴルフダービー11万5000円+税)、180ローファーのデザインをそのままに、素足での履き心地の良さを追求したル・モック(8万5000円+税)などを網羅。

Sub3
ルモック


オンラインストアでの展開に際しては、トゥモローランドのメンズバイヤー、神谷真太郎氏によるJ.M.WESTONの魅力を紹介する特設ページも開設しています。

2020年5月12日 (火)

革靴ブランドの三陽山長がヴィブラムソール搭載の新レーベル「ヤマチョウ・メイド」をスタートしました

Photo_20200512103801
スーパースタッドソールを搭載したヤマチョウ・メイド 4万5000円+税


三陽商会が展開する革靴ブランド「三陽山長」から、ファッションに“本物”と“遊び心”を追求する大人に向けた新レーベル「ヤマチョウ・メイド」のレザーシューズ6型を、3月から直営店5店舗と公式オンラインストア、サンヨー・アイストアで順次発売しています。(※開店状況などは公式サイトなどで確認してください)

ヤマチョウ・メイドでは、ソールやラスト(木型)にこだわり、幅広い路面環境に適応し歩行ストレスを軽減する商品を提案していきます。

アウトソールに採用したのは、ヴィブラム社と共同開発した「スーパースタッド」。このソールは、都市環境のさまざまな路面状況を想定して開発されたもので、アウトドア用のヴィブラムの最新配合「ヴィブラムXSトレック エボ」を用い、全面に配されたラバースタッズが地面をしっかりとつかみます。

ヒール部分には摩耗に強くグリップ性に優れた「ヴィブラム デュラトレック」を使用しており、アスファルトからラフグラウンドまで幅広い状況に適応するソールとなっています。

ラストはオリジナルで開発したもので、ゆとり感ある幅と日本人の平均寸法に合わせて削り込まれたシェイプし過ぎない踵まわりが特徴。

長時間の歩行を想定し、ストレスを軽減することを目的に設計されています。

また、底付には主にグッドイヤーウエルテッド、マッケイなどのリペア可能な製法を採用しており、長く愛用できる製品に仕上げています。

スーパースタッドソール(グッドイヤーウエルテッド製法)搭載モデルを3型、従来のゴムの35%という軽量素材が特徴のヴィブラムモルフレックスソール搭載モデルを3型用意しており、価格は前者が4万5000円+税、後者が3万6000円+税です。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ