ウォーキングシューズ

2019年4月 4日 (木)

「リーボック」のレインウォーカーのロングセラーの秘密は、やはり履き心地のようです #リーボック #レインウォーカー #ウォーキングシューズ

Photo_9


リーボックのウォーキングシューズ、レインウォーカーは、10年以上の販売実績があるロングセラー商品。

その人気のひとつが、歩くたびにアウトソールのなかの空気が足の動きに合わせて流動することで、足への負担を軽減、快適な歩行をサポートする機能性。

クッション性の高さを始めとする履き心地の良さから長年、消費者に支持されています。4E設計であることも幅広い層から受け入れられている要因かもしれません。シックなブラックレザー使いで、通勤でも日常でも使いやすいウォーキングシューズです。

現在のラインアップは、レインウォーカーダッシュDMXMAX 4E(1万3990円+税)、ウォークウルトラDMXMAX 4E、ウォークウルトラDMXMAX D(ともに9990円+税)を発売中。

2019年3月28日 (木)

アシックス商事が“ひざ”について考える体験型イベントで「ニーズアップ」の機能性を訴求中! #アシックス商事 #ニーズアップ #ひざ

190228-tsite6


 


アシックス商事は、昨年9月から発売しているRaKUWaLK(ラクウォーク)ブランドの新シリーズ「KNEESUP(ニーズアップ)」にフォーカスしたユーザー参加型イベントを強化しています。

2月には、枚方T-SITE内の蔦屋書店(大阪・枚方市)で、商業施設内では初めてのイベントを開催しました。普段意識することの少ない「ひざ」について気軽に学んだり、足を計測する機会を設けることで、健康への意識を高めて生活の質的向上につなげることを目的に行ったものです。

190228-tsite4

開催した3日間を通じて歩行・足形計測をして足の特徴やひざバランスのチェック、さらには靴選びのアドバイスも行うとともに、ひざトラブルを予防するウォーキングシューズ「KNEESUP」の試履き会を実施し、健康意識が高い40~50歳前後を中心に合計約400人が参加しました。

アシックス商事では昨秋のKNEESUPの発売以来、同社スタッフが店頭に出向いて足形測定&イベント(O脚チェック、歩行診断、足形測定など)を行う活動を強化しており、昨年は9月から11月末までに20回ほど実施。ウォーキングシーズンを迎える今春も継続的に実施していくとしています。

「KNEESUP」は、京都橘大学と共同で研究・開発し、角整形外科医院(福岡・八女市)の協力で機能検証を行った産学医の連携で開発されたシューズ。靴底内側に設計したウレタン樹脂製のプレート「MCCS」(Medial Cushion Control System=特許出願中)が、踵荷重時にたわんで内側に傾斜することで着地時にひざ関節を外側から内側へやさしく誘導し、O脚状態の足に多いひざ関節内側の負担を軽減します。詳細はShoes Post Weeklyで。


 

2019年1月11日 (金)

ミズノのロングセラーウォーキングシューズから新製品が発売されます #ミズノ #ミズノウォーキング #LD40シリーズ

Ld40_v
LD40V 1万6000円+税/男女モデルあり


ミズノは、同社ウォーキングシューズの基幹シリーズで、発売から13年間で累計約111万足を販売しているウォーキングシューズ「LD40」シリーズの新モデル「LD40Ⅴ」を28日から発売します。

2006年から販売している「LD40」シリーズは、ウォーキング大会等で40㎞の長距離を快適に歩行できることをコンセプトに開発されました。

長距離歩行での身体への負担を軽減するソール機能を搭載し、ウォーキングのほか日常の外出や旅行など幅広いシーンで着用できるシューズとして支持されています。

また天然皮革を使った落ち着いたデザインも特徴で、スポーツ庁が推奨する「FUN+WALKPROJECT」の広がりとともに、ビジネスシーンでも着用される機会が増えています。

今回発売する「LD40Ⅴ」は、ビジネスシーンでの着用を考慮し、アッパー部により高級感のある光沢が特徴のレザーを採用。スーツスタイルに合わせやすく、履きこむことによってコシのある状態から柔らかく足になじみ、革本来の風合いの変化も楽しめます。発売から1年間の販売目標は7万足です。

2018年10月 4日 (木)

ひざの負担を軽減するウォーキングシューズ「ニーズアップ」が発売されました

Photo
アクティブタイプ


アシックス商事は、シューズブランド「
RaKUWaLK(ラクウォーク)」から、ひざの負担を軽減する構造をもったウォーキングシューズ「KNEESUP(ニーズアップ)」シリーズを新発売しています。

ニーズアップは、靴底の踵部内側に新開発のウレタン樹脂プレート「
MCCS」を搭載することで、ひざ関節のバランスを取り、負担を軽減する機能をもたせたアクティブシニア向けのウォーキングシューズです。

日本人の多くが
O脚傾向にあり、4人に1人にあたる約3000万人がひざに何らかのトラブルを抱えるなか、快適に歩いてもらうために今回、産学医の連携により2年間をかけて開発しました。

同社によると、ひざの痛みは加齢や肥満によりO脚傾向になり、ひざ関節内側の1点で体重を支えることで起きやすい。これを正常な位置に戻すことで負担を穏やかにする機能構造にしています。検証では、足角が有意に減少して進行方向に対して水平に近づく傾向がみられたとしており、京都橘大学健康科学部理学療法学科の村田伸教授は「ひざへの負担を軽減することが期待できる」とコメントしています。

2
カジュアルタイプ

アイテムは、ウォーキングや普段の使用に最適なメッシュ使いのスポーティなアクティブタイプと、人工皮革をアッパーに採用した落ち着いた風合いで旅行などにも使いやすい内ファスナー付カジュアルタイプを男女で用意、価格はすべて1万
2000円+税。

 

2018年6月18日 (月)

「アサヒメディカルウォーク」を知ってもらうための草の根活動にも力が入っています

Photo
東武百貨店池袋店スポーツシューズ売り場のアサヒメディカルウォークのコーナー


アサヒシューズは、ひざのトラブルを予防する「アサヒメディカルウォーク」をより多くの人に知ってもらうための草の根活動にも力を入れています。

5月
12 日には東武百貨店池袋店スポーツシューズ売り場で、「アサヒメディカルウォーク」の塚本裕二ブランドマネージャー(BM が講師となり、“ひざと靴の健康講座” と題したイベントが行われました。この催しは、東武友の会の情報誌「クレソン」でシューズの特集を組んだことから、4~5月に宇都宮店、船橋店、池袋店の3店で同様のイベントを行ったものです。

塚本BM は、骨格模型を使いながら足やひざの構造について解説し、とくに複雑で不安定な構造のひざ関節について多くの時間を割き、「内側が大きいために少し外旋することで衝撃を吸収する仕組みになっている」と説明。この機能が衰えると、変形性膝関節症になりやすく、要介護へのリスクファクターにもなると話しました。

Photo_2
骨格の模型を使ってひざの動きなどについて説明するアサヒシューズの塚本BM


そうならないためには内腿の筋肉を鍛えることが必要と、①外旋運動を補助、②踵にかかる衝撃を分散、さらに③太腿の内側の筋肉に働きかける、というアサヒメディカルウォークの機能について説明しました。

イベント終了後には、ひざやアサヒメディカルウォークに興味をもった人が塚本BMに話しかけ、即興のシューフィッティングの実演状態に。

塚本
BM は「アサヒメディカルウォークは、置いておくだけで売れる靴ではありません。要は足(ひざ) や靴に関心をもってもらう“気づき” にあります。『話には聞いていたが実際に見て履いてみたかった』という人のためにも、こうしたグラスルーツ活動を購入の後押しの機会にしたいですね」と語っています。

2018年5月25日 (金)

「ヨネックス」から厚底なのに軽いカジュアルパンプスが登場します

Lc97_bk007_fs

LC97のブラック


ヨネックスは、パワークッションウォーキングシューズから、厚底設計なのに軽いカジュアルパンプス「
LC97」を6月上旬から発売します。

LC97」には、同社のウォーキングシューズの基幹機能である衝撃吸収性と反発力を併せもつ素材、パワークッションに加え、さらに進化させたパワークッションプラスも搭載しています。

アッパーは撥水ストレッチ
PUレザーに抗菌防臭のセラクリーン加工を施しています。ヒール高は5㎝。価格は13000円+税です。カラーはオフホワイト、パールチャコール、ブラックがあります。

2017年8月24日 (木)

ウォーキングシューズのパイオニア「ムーンスター ワールドマーチ」から新しいプライドシリーズの登場です

D10541571082980

ムーンスターは、「ムーンスター ワールドマーチ」のプライドシリーズから
次世代ウォーカーに向けた新製品、WM9005PRIDE(男性用)とWL9505PRIDE(女性用)を
8月下旬から順次発売します。価格はともに1万7000円+税。

Wメッシュ構造のスポーティなデザインに、透湿防水素材のアウトドライや吸水拡散メッシュのサラリーナなどを採用、機能性も高めています。

9月1日(金)からは、「ムーンスター ワールドマーチ30周年キャンペーン」として、フランス・パリの旅や、この新作プライドシリーズが当たるオープン懸賞もスタートします。


2017年7月25日 (火)

ミズノのウォーキングシューズLD40シリーズにカジュアルデザインのLD40 ZEROが登場

B1gc171458_02
ミズノは、発売から12年間で約103万足を販売しているウォーキングシューズ「LD40シリーズ」から、ニューモデル「LD40 ZERO(男性用)728日(金)に発売する。

今回発売する「LD40 ZERO」は、ウォーキング専用シューズとしての「しっかり歩ける機能」に加え、革本来の風合いを生かした素材選定(アニリンレザー)とスニーカーのようなカジュアルなデザインが特徴。

アッパーのアニリンレザーは、メンズのLD40Ⅳとの比較で0.2㎜薄くすることで足あたりをソフトに、インソールには衝撃吸収性の高い発泡ウレタンを使用し、着地の際の足あたりも優しくしている。

発売から1年間の販売目標は、1万4000足。

最近の記事

無料ブログはココログ