スニーカー

2020年3月27日 (金)

【ブランドスニーカー】「フィラ」のサンドブラストの人気が上昇しています

Photo_20200327102801
サンドブラスト ロウ ウィメンズ 6900円+税


丸紅フットウェアが展開する「フィラ」の20年春夏のキーコンセプトは、①クラシックスタイルのテニスにフォーカスしたモンテカルロマスターズ、②第2のルーツであるバスケットボールに焦点を当てたザ・レジェンド・オブ・フープス、③“TOKYO”の文字を入れたアイテムで構成するハロートウキョウに設定しています。

こうしたなか、ベーシックなコート系厚底モデルのサンドブラストの評判が上がっています。

同社では「厚底が一般化してきた」と捉えており、シーズンで素材を変えながらフィラオルビットなどとともに厚底モデルをさらに拡大させていく考えです。

Xt-97-tokyo
フィラバリケードXT97 TOKYO 1万1000円+税

また、4月末以降にフィラバリケードやフィラレイなど、人気モデルで“TOKYO”の文字を入れたバージョンの発売を予定します。

Tokyo
フィラレイ TOKYO 6900円+税


その好調なフィラが今年1月から、グローバルで韓国のヒップホップアイドルグループ、BTSをブランドアンバサダーに起用しています。

彼らがフィラを着用することで、韓流アイドル好きの中高生を始めとした新たな女性客層を取り込んでいく方針です。

BTSはフィラバリケードなどに加え、パフォーマンスランニングのRGBフレックス、RGBフローなども着用予定で、日本では4月からアパレルとともにスポーティなファッションスタイルを訴求していきます。

2020年3月25日 (水)

サステナブルな取り組みが加速するなか「カンペール」がサステナブルファッションの「エコアルフ」と手を組みました

Photo_20200325162101


カンペールジャパンが展開するスペインの「カンペール」は、創業当初から継続してきた環境への配慮をもとに、これからのサステナブルな未来に向けて、エコアルフのリサイクル素材を使った新しいエコフレンドリーなスタイルを前シーズンに続き提案しています。

2020年春夏コレクションの「カンペール トゥギャザー ウィズ エコアルフ」は、カンペールのスマートなアーバンスニーカー「COURB(コーブ)」をベースに、100%リサイクルされたアッパーとシューレース、ライニングを使用しています。

さらに、アウトソールには可能な限り高い配合率のリサイクル素材を使用しており、カンペールの歴史の中では最もサステナブルなバージョンとなっています。

カンペールでは、このシューズ1足の売上げにつき2ユーロを、海洋ゴミを回収して高品質な糸に変えて衣服を生産する国際的なプロジェクト「アップサイクリング・オーシャン」を通じてエコアルフ財団に寄付するとしています。

2_20200325162101


エコアルフのハビエル・ゴジェネーチェ社長兼創業者は、「他者がゴミとしてみるものを、エコアルフは最高品質の原材料とみている」と述べています。

カンペールはこの考え方に賛同し、今後もサステナブルな取り組みを行っていくとしています。

取り扱い店舗は、全国のカンペールストア(取り扱いのない店舗もある)、カンペールオフィシャル・オンラインストアで、価格は1万7000円+税。男女サイズがあり、カラーはオフホワイト、ネイビー、ブラック。

2020年3月23日 (月)

「エアウォーク」のシューズが限定ラインとインラインで登場です

Photo_20200323155501
限定ラインの「エアウォーククラシック」


「エアウォーク」は1986年、スケーター出身のリー・スミスがスケートボード用シューズを開発したことから誕生。その革新的なデザインと優れた機能性により、全米で大ブームを巻き起こしました。

その後、アクションスポーツの隆盛に伴い、BMXやスノーボード専用シューズはもとより、カジュアルウェア、スノーウェア、アクセサリーまで幅広く展開。

また、米カリフォルニア発のアクションスポーツブランドとして国内外のプロスケーターやBMXライダーのサポート、音楽イベントのスポンサードなどを通じて独自のカルチャーを発信しています。

今回、ドウシシャが「エアウォーク」のマスターラインセンシーである伊藤忠商事とライセンス契約を締結し、20年春夏シーズンからシューズの製造・販売をスタートしています。

ドウシシャでは、ブランドのルーツであるアクションスポーツに軸足を置きつつ、ライフスタイル全般をカバーするラインアップを用意しています。

セレクトショップ中心に展開する限定ライン「エアウォーククラシック」(中心価格1万円台前半)と、GMSや靴専門店を主販路とするインライン(同3900~4900円)で商品を構成しています。

エアウォーククラシックでは、有名セレクトショップとのコラボモデルを発売するなどしてブランドイメージを発信していきます。

一方、インラインではコートスニーカーやバルカナイズスニーカー、大人用とデザイン連動させたジュニア用スニーカーまで幅広く展開します。

同社は現在、スポーツに軸足を置くケイパや、アウトドアに軸足を置いたファーストダウンなどを展開しており、エアウォークについては「カジュアルのど真ん中に位置するブランドとして、新しい客層や販路を開拓していきたい」としています。

2020年3月16日 (月)

【ブランドスニーカー】 「チャンピオン」がレディス中心に人気急上昇。ジュニア用バスケットボールシューズも今春から発売します

Photo_20200316130001
WINGS COURT 6500円+税/ミニバス初心者向けバスケットボールシューズ


ムーンスターが、19年春夏シーズンから製造・販売しているアスレチックアパレルブランド「チャンピオン」のシューズは、20~30代を中心とする女性層から人気を集めています。

ブランドのルーツであるスポーツに軸足を置きながら、ライフスタイル全般をカバーするラインアップを用意。スポーツ、ライフスタイル、キッズの3つのカテゴリーで商品構成しています。

店頭では、キャンバスアッパーのバルカナイズスニーカー「CENTER COURT OX」と、同モデルをスリップオン仕様にアレンジした「CENTER COURT SLIP」を2枚看板に、デイリーユースから軽めのアクティビティに対応するクロスバンドのスリッポンスニーカー「BEANS FOAM SLIP 3」も、男女問わず人気を集めています。

また、店舗限定で展開しているMade in Japanモデルの売れ行きも良く、キッズについては子どもの足に優しい5つの機能を搭載しており、特にベビーモデルが売れ筋になっています。

20年春夏シーズンは、上記人気品番にそれぞれ新色を追加するほか、女性をターゲットにした新作として、人気モデルのシルエットはそのままにEVAミッドソールで軽量化と履き心地を追求した「JAM COURT LITE」を提案。

2_20200316130001
URBAN COURT NEO 8500円+税


効率良いトレーニングを目的とするランナーに向けたランニングシューズ「URBAN COURT NEO 2」も登場します。

新製品の中で最も注目されるのが、ミニバス初心者に向けたバスケットボールシューズ「WINGS COURT」。

ジュニア専用ラストを採用したほか、反発性とクッション性に優れるミッドソールや屈曲性抜群のアウトソールを搭載するなど、フィット性や動きやすさを追求しています。

2020年3月10日 (火)

【ブランドスニーカー】 「パンサー」がパンサージョギングシリーズの投入で若年層や女性層に人気を広げています

1-jogging-me-grey
パンサージョギングメッシュ 1万6000円+税/日本製


世界長ユニオンは昨春、日本製の「パンサー」で、70~80年代初頭のモデルを復刻したパンサージョギングを発売、続いて秋冬にはパンサージョギングマジックを加え、今年4月発売のパンサージョギングメッシュにつなげていきます。

定番のパンサーデラおよびパンサーGTデラックスに比べて厚みのあるソール設計のパンサージョギングシリーズは、スニーカー好きの若いユーザー層獲得に効果があり、とくに挑戦的なデザインをあえて復刻したパンサージョギングマジックは、若年層に新鮮に捉えられました。

4-joggingptj0013beige
パンサージョギングマジック 1万6000円+税/日本製


女性誌での露出を高めた結果、女性層の獲得にもつながり、Eコマースでも女性モデルの動きが良くなってきています。

あるセレクトショップでの期間限定展開では、パンサージョギングマジックのベージュが大ヒット。TVドラマでの衣装協力もあって、さらに露出が増えています。

3-joggingptj0014cobaltblue
パンサージョギング 1万6000円+税/日本製


「パンサー」の20年最大の話題は、6月下旬、JR有楽町駅と新橋駅間の高架下にオープンする商業施設、日比谷OKUROJI(オクロジ)に、前回の東京五輪の年、1964(昭和39)年に生まれた「パンサー」のコンセプトショップがオープンすること。

同社では、オープン前後に定番モデルをアレンジした限定商品を用意して盛り上げる予定です。

5月中旬には白ベースに赤のラインを入れた日本イメージのカラー、続く6月にはマルチカラーが登場。さらに異業種コラボの特別モデルも用意するそうです。

2020年3月 6日 (金)

【ブランドスニーカー】 「スピングルムーヴ」の20年春夏コレクションはスポーツテイストを強調しています

Photo_20200306111601
SPM-161 1万9000円+税/MIKASAとのコラボモデル。写真のイエローとブルーの2色展開


スピングルカンパニーが展開する「スピングルムーヴ」の20年春夏コレクションは、全国的にスポーツ熱が高まることを見越してスポーツテイストを強調したデザインやカラーを随所に取り入れています。

注目アイテムの1つが、スピングルカンパニーと同じ広島県に本社を置く老舗ボール・スポーツ用品メーカーのMIKASAとコラボレーションしたSPM-161です。

アッパーには、MIKASAが製造・販売する国際公認球のバレーボールの素材を使用。

スポンジのような風合いを持つマイクロファイバー織布層に発泡層を持つポリウレタン表皮を重ねた2層クッション構造により、柔らかい足当たりをもたらすとともに、優れた耐久性も発揮します。

コラボレーションの証として、シュータンにはスピングルムーヴとMIKASAのダブルネーム、アッパーサイドにはMIKASAのロゴマークが入っています。

Photo_20200306111602
SPM-291 1万9000円+税/ホワイト、ネイビー、ブラックの3色展開


SPM-526やSPM-528といったニットアッパーモデルに続く、“夏の新定番”に掲げるSPM-291も注目されています。アッパーはレザーとメッシュのコンビネーションで、サイドに通気性抜群のメッシュを配することで靴内のムレを解消。ライニングもメッシュ仕様で、インソールには吸汗性・拡散性に優れるCOOLMAXIMを採用するというこだわりようです。

2020年3月 5日 (木)

【ブランドスニーカー】 「コンバース」からゴルフ場への行き帰りにも履けるゴルフシューズが登場しました

All-star-gf-ox
オールスターGF OX 1万円+税


コンバースフットウェアは、「コンバース」の20年春夏コレクションのシーズンテーマを、“ACTIVE HERITAGE(アクティブ ヘリテージ)”に設定しています。

All-star-gf-hi
オールスターGF HI 1万円+税


これまで各種スポーツシューズを手掛けてきた歴史を背景に、機能およびデザインの両面から人気の定番モデルをよりスポーティに進化させています。

このシーズンを象徴するのが、“MADE FOR GOLF”をテーマに開発したゴルフシューズです。

ファッションを含めてゴルフを楽しむ初中級ゴルファーをターゲットに、ゴルフに必要とされる機能を搭載しつつ、ゴルフ場への行き帰りなどプレー以外のシーンでも違和感なく履けるようにデザインしています。

Startech-gf
スターテックGF 1万4000円+税


アイテムは3型6SKUあり、価格は1万円+税から1万4000円+税。3月からゴルフ専門店やスポーツ専門店、セレクトショップなどで販売を開始します。

【ブランドスニーカー】 「ルコックスポルティフ」に“トラベル&レイン”がコンセプトのニューモデルが登場しました

Ql1pjc33wh_f_01_10
LAアルマT+R 7000円+税


デサントジャパンが展開する「ルコックスポルティフ」は、“エイジレス”を切り口に打ち出しているフェミニン(レディス)カテゴリーの人気が加速し、幅広い層の女性に購買層が拡大しています。

支持されている理由は、軽量性やクッション性といった分かりやすい機能とシンプルなデザイン、そして値頃感のある価格のバランスに優れていること。

LAローランSLとセギュールが2大定番になっているほか、テルナバウンドコートが売れ筋に浮上しています。

20年春夏は、“トラベル&レイン”をコンセプトにしたニューモデルが登場します。

Ql1pjc32wh_f_01_10
LAアルマミッドT+R 8000円+税


軽量性やクッション性はそのままに、防水設計を採用することで幅広いシーンに対応。ゴム紐シューレースを搭載したほか、付属のシューズバッグにコンパクトに収納することもできます。

LAアルマT+R(レディス、7000円+税)とLAアルマミッドT+R(ユニセックス、8000円+税)の2型6色を用意しています。

Photo_20200305103401
池田エライザさん

デサントジャパンでは「ルコックスポルティフ」のブランドアンバサダーにTV・映画等で活躍する女優の池田エライザさんを起用し、20~30代を中心とする幅広い女性層へアプローチしています。

2020年2月19日 (水)

高級ファッションブランドもスニーカーにテクノロジーを搭載し始めています

Photo_20200219175501
CitySole Court(シティーソール コート) 3万5000円+税/クラシックなバスケットボールスニーカーにインスパイアされたデザイン


コーチは、履き心地の良さと屈曲性を高め、衝撃や重量を最低限に抑えるための最先端テクノロジーを融合させたフットウェアコレクション“Coach CitySole(コーチ シティーソール) “ を2月14日にコーチストアおよびコーチ公式オンラインストアで発売しました。

ファッションファーストながらも機能性にこだわった “シティーソール” は、自分らしくありたい人を力づけるようにデザインされています。

Photo_20200219175502
CitySole Runner(シティーソール ランナー) 3万5000+税~4万円+税/ランニングシューズのシルエットに、しっかりとしたヒールとグリップ力を高める溝のディテールが組み合わされている

モダンで、活動的で、どんなスタイルにも実用的なアプローチを好む方のために誕生したこのシューズは、ブランドのグローバルな“顔”を務めるジェニファー・ロペス (Jennifer Lopez) とマイケル・B・ジョーダン (Michael B. Jordan) のコーチSpring 2020広告キャンペーンでデビューを飾りました。

このコレクションは、アメリカンスポーツウェアのコードとコーチが独自に開発したシティーソール テクノロジーとが融合した3つのスタイルで構成されています。


2020年2月 6日 (木)

婦人靴を展開する企業がスニーカー市場に足を踏み出しています

Photo_20200206190302
プラス ダイアナ


昨今のスニーカーブームの影響により、年齢・シーンを問わず足元のカジュアル化が進み、婦人靴市場を取り巻く環境が厳しさを増すなか、婦人靴を展開する企業(小売業、SPA企業)がスニーカーおよびカジュアルシューズの製造・販売に本腰を入れる動きが広がっています。

Shoes Post Weeklyの推計では、婦人靴の市場規模はこの10年で2~3割縮小している一方、スニーカーの市場規模は同約4割拡大したと推計しています。

こうした状況を踏まえ、ダイアナは本格的スニーカーブランド「プラス ダイアナ」を昨年4月にローンチ、ターゲットとする30代前後の女性に好評を得ています。

Img_193040_1
キビラ


また、婦人靴専門店「キビラ」を展開するキビラは、これまで販売の中心だったオーダーメイドパンプスの販売から大きく方向変換し、ハイヒールからスニーカーにシフトすると宣言しています。

Photo_20200206190301
オリエンタルトラフィック

さらに婦人靴専門店「オリエンタルトラフィック」を展開するダブルエーは、19年秋からスニーカーへ本格参入すると発表、「世界的に最もニーズの高いジャンルに日本ブランドとして参入する」としています。

詳細はShoes Post Weekly 紙面で。

より以前の記事一覧