スニーカー

2019年12月13日 (金)

「スラックフットウェア」が老舗靴工場ブランド「トス」とコラボした国産スニーカーを発売しました

1_20191213104701
価格は2万7000円+税。サイズは25~28㎝(1㎝刻み)


エフ・エー・アール・エムが製造・販売するスニーカーブランド「スラックフットウェア」と、東京で半世紀以上の歴史をもつ老舗靴工場が手掛けるファクトリーブランド「トス」がコラボレーションしたスニーカー「リベリオ メイドインジャパン」が発売されました。

比翼式のシューレースステイが特徴的なスラックフットウェアの人気モデル「リベリオ」をベースに、日本の靴職人の技術と最上級の素材で再構築したものです。

アッパーには、姫路のタンナーに特注したオリジナルのカウレザーを使用し、アウトソールにはイタリアのヴィブラム社製のカップソールを搭載。

また、ライニング材には、滑らかな質感で足当たりが良いホースレザーを採用、インソールにはヌメ革を全敷し、クッション性の高いオリジナルのスポンジをサンドしています。

一般的なスニーカーでは考えられない最上級の素材使いと、日本の靴職人による細かな手仕事でインラインとは違った雰囲気を持つ1足に仕上げています。カラーはブラックとホワイトの2色を用意しています。

2019年12月12日 (木)

新生・渋谷PARCOにアメリカ・カリフォルニア発の「ベイト」の日本初のショップがオープンしました

Photo_20191211184901


衣料品等の販売及び輸出入事業を展開するスタージョイナス(静岡市)は、米国カリフォルニア発のスペシャルなスニーカーやフィギュアを扱う「BAIT(ベイト)」の国内初のショップをオープンしました。

ベイトは、2012年にオンラインストアからスタートし、米国カリフォルニアにリアルショップをオープン、現在9店舗を展開しています。

“ハイプ”“ファン”“ユニーク”をキーワードに、ブランドやアーティスト、コミックスとのコラボアイテムや、フィギュア、オリジナルウェア、スニーカーを幅広くセレクト。出店したのは5階のNEXT TOKYOゾーン。

売り場は、鉄腕アトムなどのキャラクターのフィギュアが目を引き、シューズはナイキ、アディダス、プーマ、ニューバランス、リーボック、バンズ、コンバース、アシックスタイガー、フィラを扱っています。

スタージョイナスは、05年に米国ロサンゼルス発でスニーカーショップを展開するUNDEFEATED社と日本総代理店契約を結び、「UNDEFEATED(アンディフィーテッド)」国内1号店を静岡にオープン。

以来、出店を重ねて現在、全国に18店舗を運営しています。

2019年11月 6日 (水)

ミスターミニットが新メニューを加え刷新した「スニーカー修理サービス」を始めています

Photo_20191106104501


靴修理サービスチェーン店「ミスターミニット」を展開するミニット・アジア・パシフィックは、新メニューを加え刷新した「スニーカー修理サービス」を、10月21日から全国のミスターミニット(一部店舗除く)で開始しています。

スポーツ庁による「FUN+WALK PROJECT」の推進もあって、企業でも通勤時にスニーカーを着用する動きが進んでいることから同社は、今年7月からミスターミニット約10店舗でスニーカー修理をテスト実施したところ、スニーカー修理の相談件数が約3倍に増えたそうです。

サービスメニューには、踵修理(両足分)=1500円+税から(従来価格より最大43%値下げ)、履き口破れ補修(1カ所)=1000円+税からなどがあります。。

また新メニューとして、靴底貼り替え/補強=4000円+税から(従来価格より最大39%値下げ)、糊付け(1カ所)=500円+税から、スニーカークレンジング=4000円+税などを用意しています。

これらのスニーカー修理サービスは、下記ブランドにおいて上記修理価格を適用するとのこと。なお、クレンジングはブランド限定がありません。ブランド:ナイキ・アディダス・ニューバランス・コンバース・アシックス・プーマ・オニツカタイガー・パトリック・バンズ

2019年11月 2日 (土)

プーマがハローキティとコラボですと

372733_01
RALPH SAMPSON MID × HK 1万2000円+税


プーマジャパンは、「ハローキティ」の生誕45周年を祝って「PUMA x HELLO KITTY」コレクションを、キティの誕生日である2019 年11月1日(金)から発売しました。

リンゴたった5つ分の小さな体でたくさんの人々を笑顔にしてきた、ハローキティ。1974 年に日本で誕生してから45年間、その絶大な影響力でポップカルチャーを席巻してきました。コレクションには、おなじみの愛らしいグラフィックとロゴをデザイン。プーマのスポーティなスタイルにほんの少し甘さをプラスしています。

80年代のミッドカットシルエットが特徴の「RALPH SAMPSON MID x HK」には、キティの丸みのあるシルエットや赤いリボンを大胆にデザイン。バスケット界のレジェンドであるラルフ・サンプソンとハローキティによる夢の競演が実現しました。

372328_01_sv04
CALI × HK 1万2000円+税

1982 年のトレーニングシューズ、CALIFORNIAをベースにアップデートした「CALI x HK」は、キティがプリントされた取り外し可能なパッチやロゴ入りの赤いシューレースで遊び心たっぷりの1足。

372327_01
PUMA NOVA2 × HK 1万2000円+税

そのほか、レトロなデザインにモダンな機能性を加えた「NOVA 2 x HK」と、クラシックなスタイルの「PUMA x HELLO KITTY UTILITY」にはキティのアイコニックなデザインを加え、全体をシルバーピンクで統一しています。

PUMA x HELLO KITTY コレクションでは、カラフルなアパレルとアクセサリーに加え、お揃いで着用できるキッズアイテムを展開しています。
詳細はこちら

2019年10月30日 (水)

「スラックフットウェア」が靴流通にも販路拡大し、シューマートでの展開をスタートさせています

Photo_20191029200001
シューマート松本村井店(長野県)での「スラックフットウェア」コーナー


エフ・エー・アール・エム(本社:東京・渋谷区)が製造・販売するスニーカーブランド「スラックフットウェア」が、靴流通にも販路拡大し、次のステージに向けた1歩を踏み出しています。

「スラックフットウェア」は、2017年春夏のデビュー以来、革靴とスニーカーを融合した独自のスタイルが評判を呼んでいます。

これまでは6000+税~8000円+税を中心価格としてきましたが、予想以上に1万円を超える商品の売れ行きが良いことから、19年秋冬からは高価格帯商品を増やしてプライスレンジを拡大しました。

流通面では、これまでのアパレルおよびセレクトショップ中心からシューズ流通にも販路を拡大。その手始めとして8月からはシューマート6店舗での展開がスタートしました。

定番モデルに加えて、新製品のデュアロス(1万3800円+税)やエンラップ(1万4800円+税)などの売れ行きも良く、好スタートを切っています。

2019年10月23日 (水)

「アシックス」ブランドから日本製にこだわったスニーカーコレクションが登場しています

Photo_20191022122101
左からゲルキンセイオージー、メタランエスピーエス、ゲルカヤノ25エスピーエス

アシックスジャパンは、「アシックス」ブランドの街履き用シューズから日本製にこだわった「アシックスジャパンコレクション」を、10月からアシックス原宿フラッグシップ、アシックス大阪心斎橋、アシックスオンラインストアで発売しています。

スポーツ分野で培ってきたテクノロジーと日本の伝統美を融合したコレクションは、快適性を追求した独自の機能構造に素材の使い方やディテールにもこだわるなど、日本のものづくり精神を吹き込んでいます。

アシックスの代表的なランニングシューズをベースに、アッパーは、古くから革鞣し産業が根付く兵庫県姫路市でていねいに鞣された国産牛革を採用した「メタランエスピーエス」(3万6000円+税)、表面が滑らかできめ細かくソフトな風合いを持つ神戸牛の革を使用した「ゲルカヤノ25エスピーエス」(2万7000円+税)、「ゲルキンセイオージー」(3万2000円+税)の3型を用意しています。

2019年10月11日 (金)

“KAZOKU”プロジェクトにより「ミズノ」のスニーカーのブランディングができつつあります

Photo_20191011190901
ミズノのライフ&ヘルス事業部スポーツスタイルシューズMDの牧野さん


ミズノのスポーツスタイルシューズ事業が注目度を上げています。

同社は2018年2月から世界のスニーカーショップとタッグを組んだ“KAZOKU(カゾク)”プロジェクトを始動させ、第1弾のミタスニーカーズとのコラボモデルを皮切りに、ひと月に1モデルの発売を続け、今年9月中旬に20作目に到達しました。

同社のスポーツスタイルシューズMDの牧野雅臣さんに話を聞きました。

20th
“KAZOKU”プロジェクト第20弾のモンドコントロール“パープルシロップ”。ミタスニーカーズとのコラボモデル


■“KAZOKU”プロジェクトの反応は。
 「反響が大きく、ほとんどのモデルが即完売になっている。スニーカヘッズに注目されており、すべてをコレクションしようとする人もいるほど。ミズノのスニーカーファンが多くなってきたと感じている。この限定モデルが認知されてきたことで、スポーツスタイルの定番モデルを扱いたいというスニーカーショップも拡がってきている」

「さらにパフォーマンスモデルのウエーブプロフェシーがアパレルセレクトに採用されるなど、復刻とパフォーマンスの両極で売れ始めている。 “KAZOKU”プロジェクトの始動でメディアの掲載も増え、SNSでの拡散もあってミズノのスニーカーのブランディングが徐々にできてきたと感じている」

続きはShoes Post Weeklyの記事で。

2019年9月27日 (金)

【ブランドスニーカー特集】「フィラ」の秋冬はバスケットボールとアウトドアの資産を活かしたモデルを打ち出しています

He_barricadext_low_white_f
「フィラ」バリケードXT97

昨年、ダッドスニーカー拡大を象徴するブランドのひとつとなった「フィラ」。そのメインアイテムになったディスラプターは、今春から量的拡大に軸足を移しています。

丸紅フットウェアでは、19年もスニーカーの流れは続くとみて、ヘリテージラインの秋冬はフィラが得意とするボリューミーなトレンドと、フィラの歴史を掛け合わせた商品を訴求していきます。

その中心的な役割を果たすカテゴリーが、バスケットボールとアウトドアです。

バスケットボールは、フィラの秋冬のテーマである“Tribute Heroes”を具現化するカテゴリー。

フィラはMBやスパゲティーなど、バスケットボールモデルに人気品番が多く、その背景には昨年、生涯契約を結んだグラント・ヒルを始めとするNBA選手の足元を支えた歴史(資産)があります。

秋冬は、97年にストリートバスケットボールモデルとして訴求されたバリケードXT97などを推して、ジェンダーの幅も拡げていきます。

もうひとつのフォーカスカテゴリーであるアウトドアには、過去に登山家のラインホルト・メヒナーにアパレルを提供していた歴史があります。

今回は、90年代にフィールドトレーニング用として販売されたプロヴィナンス ロウをアウトドアカラーで味付けして提案していきます。

2019年9月26日 (木)

【ブランドスニーカー特集】「コンバース」からサステナブルな新シリーズ、CONVERSE e.c.labが登場しました

All-star-food-textile-hi
オールスター フードテクスタイル HI/ドリップ後のコーヒーの出がらしをを染料として使用している


コンバースフットウェアが展開する「コンバース」の19年秋冬シーズンのテーマは“BEYOND THE STANDARD ”。

そのテーマに沿った新シリーズのひとつが、CONVERSE e.c.lab(コンバース イーシーラボ)です。

サステナビリティを追求しながら、ファッション性も高めたオールスターの新シリーズで、第1弾モデルでは、廃棄予定の食材等を染料として再活用するテキスタイルブランド「フードテキスタイル」の生地をアッパーに採用、天然染料を90%以上使用し、化学染料を抑えた優しい色合いが特徴のモデルです。

カラーは、ドリップコーヒー(国内コーヒーショップのドリップ後のコーヒー)、サクラ(見頃を終えて散った桜の花びら)、ブルーマロウ(「生活の木」で取り扱っているハーブのマロウブルーの規格外品)の3カラーを用意しています。9000円+税。

2019年9月19日 (木)

【ブランドスニーカー特集】「スピングルムーヴ」の秋冬は快適性や利便性を向上させたコレクションを用意しています

Photo_20190919101201
SPM-257 1万9000円+税

スピングルカンパニーが展開する国産スニーカーの「スピングルムーヴ」の19年秋冬シーズンは、“コンフォタビリティ”と“ユーザビリティ”をテーマに、快適性や利便性を向上させたコレクションを展開します。

注目アイテムは、従来よりも若い客層を意識した新デザインのSPM-257とSPM-460。SPM-257は、スムースレザーをアッパーに使ってシンプルかつクリーンに仕上げたスリッポンシューズ。

伸縮性のあるゴム製のシューレースで、足に吸い付くようなフィット感を提供するとともに、ワンアクションで履くことができます。

Photo_20190919101202
SPM-460 2万3000円+税

一方、SPM-460は、アーミーブーツをモチーフにしたハイカットシューズ。ベロアレザーをアッパーに使用し、着脱時に便利なセンタージップを搭載。ジップのパーツは取り外し可能で、付属の替え紐に付け替えることで2通りの履き方を楽しむことができます。

SPM-257、SPM-460ともに、前甲部分に型押しによる文字を入れることで、トレンド感をプラスしています。

このほか、オイルレザーを使ったチロリアンシューズタイプSPM-252や、英国の老舗生地メーカーMOON社のツイードを使用したSPM-256など、上質な素材使いで高級感を演出したアイテムを用意しています。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ