スニーカー

2019年4月26日 (金)

「リーボック」インスタポンプフューリーの生みの親、スティーブン・スミス氏が来日しました #リーボック #インスタポンプフューリー #スティーブン・スミス

Photo_30

 

アディダスジャパンのリーボックマーケティング事業本部は、90年代に「リーボック」がスポーツシーンに多大な影響を与えたテクノロジーや、ファッション業界で注目されたモデルを一堂に集めた期間限定ミュージアム「Reebok 90s House」のオープンに合わせ、「リーボック」から1994年に発売された革新的なスニーカー、INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)のデザインを手掛けたスティーブン・スミス氏を招聘。

日本のスニーカー界の“つわもの”を交えたトークセッションを開催しました。

Photo_29

セッションの進行役は、1988年にリーボックジャパンに入社、「インスタポンプフューリーのリリース時は、プロダクト担当だった」フリージャーナリストの南井正弘氏が担当。インスタポンプフューリーを「異様なくらい存在感があった」と評するスニーカーショップ、アトモスなどを展開するテクストトレーディングカンパニー本明秀文社長も当時を語りました。詳細はShoes Post Weeklyに掲載しています。

 

2019年4月23日 (火)

あの「エイリアン」の40周年を記念したスニーカーが発売されます #リーボック #エイリアン #エイリアンストンパー

Alien_stomper_40th_social_product_images

「リーボック」から、あの人気SF映画「エイリアン」の40周年を記念して劇中着用モデル、ALIEN STOMPERの特別バージョンが、エイリアン・デーの4月26日(金)に発売されます。

「エイリアン」でシガニー・ウィーバーが演じた主人公リプリーが履いていたALIEN STOMPERのスペシャルモデルは、20世紀フォックス社の協力で、過去に2016年と2017年に発売されています。

今回は、1986年公開の「エイリアン2」のなかで、アンドロイドの“ビショップ”が履いていたシューズがミッドカットであったことにちなみ、「ALIEN FIGHTER BISHOPS」という名前で発売されます。

「エイリアン」シリーズに登場するウェイランド・ユタニ社の“D”がない幻のロゴ「WEYLAN-YUTANI」が施されているほか、三角形のシューボックスや、“ウェイラン・ユタニ社”による証明書など、「エイリアン」の世界にたっぷり浸れる関連グッズが付属されています。

23.0〜28.0㎝のユニセックスサイズ展開で1万6000円+税。リーボックオンラインショップやリーボッククラシックストアなどで販売されます。

なお、映画の舞台である惑星「LV-426」にちなんで、2016年から4月26日を”エイリアンデー”としています。

2019年4月11日 (木)

スケッチャーズのダッド系「ディーライト」シリーズが人気となっています #スケッチャーズ #ジーフット #デイライトシリーズ

1_1

 

ジーフットが展開するスケッチャーズショップのフランチャイズ事業(19年2月時点で11店舗、うちアウトレット3店舗)が、スニーカー人気を追い風に躍進しています。

とくに人気が急上昇しているのが、ディーライトシリーズ。このシリーズは、2000年代前半に大ヒットを記録した商品グループを現代風にアップデートしたもの。トレンドのダッドシューズ系スタイルが受け、これを目当てに来店する若い世代が増えており、売上げアップに寄与しているそうです。詳細はShoes Post weeklyの紙面で。

2019年3月29日 (金)

プロ野球が開幕!広島カープとのコラボスニーカーが登場です #広島カープ #カープ #広島化成

Photo_5

 

 

広島化成は、プロ野球・広島東洋カープと「ダンロップモータースポーツ」のコラボレーション企画として、スニーカー1点とブーツ1点を開発、3月から発売を始めています。

スニーカーは、軽量性と衝撃吸収性、通気性に優れたダンロップモータースポーツ マックスランライトのM216をベースにカスタマイズしています。サイズは22.0~28.0(27.5㎝なし)。雨の日の観戦に強い味方となるブーツ(長靴)もあります。

スニーカー、ブーツとも価格は5000円+税で、広島県内のカープグッズ売り場と広島化成の自社ECサイトから購入が可能です。

 

 

 

 

2019年3月 6日 (水)

世界長ユニオンが「パンサー」の70年代後半のジョギングモデルを復刻しました #パンサー #世界長ユニオン #メイドインジャパン

Photo

パンサージョギング 1万6000円


東京オリンピックの年、
1964年に誕生したスポーツシューズブランド「panther(パンサー)」が16年4月に復刻、販売されています。

この自社ブランドを製造販売しているのが世界長ユニオンです。復刻に際しては、オリジナルモデルの仕様を踏襲しつつ、オーソライト社製のフットベッドを採用し、履き心地を現代風にアップデート。

スポーツシューズ開発で培ったノウハウと、アッパーの裁断から縫製・底付までをすべて国内で行う“
Made in JAPAN”のブランドとして訴求しています。

今年の注目アイテムは、
1979年から1980年代初頭に展開していたジョギングシューズを復刻した「パンサージョギング」です。

2019年1月20日 (日)

1月からカメイ・プロアクトが「スペルガ」の販売をスタートします #スペルガ #カメイ・プロアクト スニーカー

Photo
ブランドアンバサダーのアレクサ・チャン氏との

コラボレーションコレクション


カメイ・プロアクトは、イタリアのカジュアルシューズブランド「スペルガ」の輸入販売を
19年1月末からスタートします。

同社では、グローバルと連動したプロモーションを展開するとともに、日本独自の商品およびマーケティング戦略を実施し、「日本市場でキャンバススニーカーの
3大ブランドのひとつになる」ことを目指すとのこと。

定番のキャンバススニーカー「
2750」の販売価格を市場ニーズに見合った6300円に設定、2750から派生した商品や2750以外の商品を幅広く展開します。

また、アトモスやビームスといった有名ショップの別注モデルを
23月にかけて順次発売し、メインターゲットである3040代女性に加え、「これまで取り込めていなかった2030代の女性や男性にもアプローチしていく」そうです。

2019年1月 8日 (火)

古キモノをアッパーに使ったスニーカー「素っ破」が登場しています #スニーカー #素っ破 #スリッポン

Photo


古キモノ(着物)をアッパー材に使用したスニーカーが、新発売されています。ブランド名は「素っ破(すっぱ)」。

靴および関連用品の企画・輸出入・製造販売を行うインスペック(本社:東京・中央区)が販売展開しています。

同社は古着専門店に集められたキモノを独自のルートで回収し、袖や振袖などの裾にあしらわれた模様の部分をアッパー材に使用。キモノ
1枚から最大34足しか取れないため、ほぼ1点モノに近く、世界で自分だけの“オンリーワンスニーカー”となります。

ブランド名の「素っ破」には“忍びの者”という意味があり、シューズボックスには「
KIMONO」という文字を入れ、海外観光客の需要も意識しています。

デザインはスリッポンタイプの
1モデルのみで、価格は2万円+税。販売は代理店経由のほか、プレミアムショップやギフトショップ、セレクトショップ、あるいはキモノリサイクル店などでの展開も考えています。また、キモノの切れ端を再利用した靴紐も単品(2000円+税)で販売します。

 

 

2018年11月 6日 (火)

文化服装学院シューズデザイン科の学生が日進ゴムの協力でバルカナイズスニーカーを制作しました

Photo


#文化服装学院

文化服装学院ファッション工芸専門課程シューズデザイン科の
3年生12人が、日進ゴムの全面協力のもと約半年間をかけてバルカナイズスニーカーを制作しました。

両者の取り組みは、日進ゴムの東京事務所が同学院の近くにあったことが切っ掛けで、
08年からスタート。日進ゴムは、ゴムの提供から同社技術開発センターでの加硫まで、制作を全面的にバックアップしています。

文化服装学院シューズデザイン科の宮原勝一教授は「授業では革靴をつくることが多く、ゴムを使った靴づくりをゼロから体験できることは貴重な機会。靴の歴史を語るうえで欠かすことのできないバルカナイズスニーカーの制作を通して、学生達に広い視野で商品企画を行ってもらうことが狙い」と話しています。

今回、学生はアッパーのデザインはもちろん、ゴム貼り・底付けまで自らの手で手掛けて
13点の作品を制作。日進ゴムでは「完成度も非常に高く、学生の個性が出ている。とくに留学生の作品は感性が独特で際立っているものが多い。10年近く協力しているが、毎回驚きがあり刺激を受けている」と話しています。

 

2018年10月13日 (土)

「プーマ」と「ペプシ」のコラボです

Photo


プーマとポップカルチャーのアイコンであるペプシコーラがコラボレーションした「スウェード50周年記念モデル」が発表されました。

プーマは「スウェード50周年記念」のプロジェクトで、多くのアーティスト、デザイナーやクリエイターとコラボレーションしてスウェードのスペシャルモデルを生み出してきました。

そのプーマが、今回のコラボレーションで「Suede 50 PUMA x PEPSI 」のカプセルコレクションを登場させました。

このコレクションは、10 25 日(木)からプーマ オンラインストアやプーマ取り扱いの限定店舗で発売されます。


価格はSuede Classic x PEPSIが1万2800円+税、PUMA x PEPSI Hoodie が1万1000+税、 PUMA x PEPSI Pants が9500+税、PUMA x PEPSI Tee が6000+税。

2018年9月27日 (木)

福山ゴム工業が“ワンランク上の履き心地”がコンセプトのバルカナイズスニーカーを発売しています

Photo


福山ゴム工業は、オリジナルのバルカナイズスニーカー「Lasting Bull(ラスティングブル)」を日常履き&作業履きとして訴求しています。

“ワンランク上の履き心地”をコンセプトに、足型測定会で集めた約1万人の足のデータをもとに設計したラストによる履き心地と、一般作業から日常履きまでに使える汎用性の高さで、「リピーターをつくっていきたい」としています。

機能面では、①幅広3Eのゆったり設計②独自の溝を入れたアウトソールでしなやかに屈曲③特殊配合ラバー採用による軽さ④中底布、ラテックスフォーム、ヒールスポンジ、中底ボードの4層構造でクッション性をアップ。アッパーには、耐久性に優れる帆布を使っています。

現在、メンズのサイドゴアスリッポン
LB-011をブラック、オフホワイト、グレーなど6色で展開しており、9月からはヘリンボーン柄の起毛ツイードアッパーのLB-012と、デジタル迷彩柄のLB-013を追加します。

同時に女性専用ラストによるレディスも投入、さらに
10月からは鉄製先芯を入れたメンズLBS-801をブラックとオフホワイトの2色で登場させる予定です。希望小売価格はレギュラー商品2300円+税、先芯入り2500円+税です。

最近の記事

無料ブログはココログ