« リーガルの専門店「REGAL SHOES」50周年を記念した限定生産品が発売されています | トップページ | 「アシックス」スポーツスタイルから日本製にこだわったジャパンコレクションが登場します »

2020年9月25日 (金)

アラスカの漁師に認められたラバーブーツ「エクストラタフ」が日本に本格上陸です

Sub6_20200923224301


フォアマンは、アメリカで誕生しアラスカの漁師に認められたタフなラバーブーツブランド「XTRATUF(エクストラタフ)」を発売しています。

1950年代に米国イリノイ州ロックアイランドの工場で、フィッシャーマンズブーツとして産声を上げた「エクストラタフ」は、濡れた甲板でグリップ性を発揮するシェブロンアウトソールや、魚の油が内部に浸透することを防ぐネオプレーンライニングのラバーアッパーなどにより、多くの漁師に愛用されました。

その後、アラスカのカニ漁やサーモン漁に携わる漁師にも使われ、その履き心地の良さもあって「アラスカンスニーカー」と呼ばれるようになりました。

2008年、ハニーウェル社(日本ではハネウェル社と呼ばれている)にオーナーシップが移り、11年にはロックアイランドから中国に生産拠点を移動。直後は製品クオリティが低下し、道具にうるさい漁師がブランドから離れた時期もありましたが、改良を重ねて信頼を回復。

今では改めて「アラスカンスニーカー」と呼ばれ、本格的な漁師用ブーツからファンフィッシング、さらにはウォーターシューズやデッキシューズタイプ、サンダルと、カジュアルなシーンに至るまでの幅広い製品を開発しています。

Sub19


アイコンとなるレガシーコレクションのラバーブーツは、その絶妙な配色もさることながら、トリプルディッピングテクニックを使用してつくられ、多くの有機酸および無機酸(カニや魚貝類が発する酸性物質)、化学物質、汚染物質に対して高い耐性をもったシームレスなバリアとして効果を発揮します。

さらに独自開発のラテックスネオプレンは、オゾンによるラバーの劣化に強く、軽量で柔軟性があります。価格は6インチ(ローカット)の1万6000円+税から15インチの1万9000円台+税まで。

« リーガルの専門店「REGAL SHOES」50周年を記念した限定生産品が発売されています | トップページ | 「アシックス」スポーツスタイルから日本製にこだわったジャパンコレクションが登場します »

アウトドアシューズ」カテゴリの記事