« キャラバンがネックゲイターの売上金の一部を医療支援活動に寄付する活動を始めています | トップページ | 「デカトロン」の日本2号店はランニングシューズ、ウォーキングシューズが充実しています »

2020年7月27日 (月)

長嶋正樹氏プロデュースの「ボールバンド」ショップが東京・雪が谷大塚にオープンしました

Photo_20200727100102


過去に高級革靴専門店「トレーディングポスト」や国産高級紳士革靴「山長(現・三陽山長)」などを企画した長嶋正樹氏がプロデュースした革靴とスニーカー、バッグなどの革小物の専門店「BALL BAND(ボールバンド)」が、東京の東急池上線雪が谷大塚駅至近の路面店でオープンしています。

「ボールバンド」は1891年に生まれ、1950~60年代にヴァルカナイズ製法のスニーカーとして米国で一世を風靡したブランド。

その歴史には、USラバーカンパニーやユニロイヤルの傘下のブランドだったというスニーカーファン垂涎の物語があります。

長嶋氏は米国でボールバンドのデッドストックを発見し、00年代に商標登録して1度復刻した後、16年に再登録して18年から昔のデザインを再現したダブルヴァルカナイズ製法のスニーカーを復刻発売しています。

ショップは、ハイスペックな革小物の卸販売などを手掛けるブリットハウスが中心になって行いますが、長嶋氏も“ショップの顔”として極力店頭で接客にあたっていくそうです。

Photo_20200727100101
住宅街のマンションの1階にオープンしたオシャレなショップ


ショップオープンにあたっての注目商品に位置付けられるのが、以前は別ブランドで展開していたレザーシューズ「ボールバンド・ドレス」。

グッドイヤー製法ながら、クッション材を使ってスニーカーのように柔らかく、さらに驚くほどの屈曲性を併せ持つように設計されています。

長嶋氏は「どんな木型にも応用できる、履き心地の良い製法を、やっと完成できた。グッドイヤーの革靴を履いたことがある人は、この良さを分かってくれるはず」と話しています。

この“BALL BAND式プラットグッドイヤー製法”と名付けられた製法の特許も申請する予定だそうです。もちろん修理することも可能で、サステナビリティが要求される世相にも合っています。

価格は4万2900円+税からで、ブーツの「ボールバンド・アウトドア」もラインアップしています。

« キャラバンがネックゲイターの売上金の一部を医療支援活動に寄付する活動を始めています | トップページ | 「デカトロン」の日本2号店はランニングシューズ、ウォーキングシューズが充実しています »

ショップオープン」カテゴリの記事

無料ブログはココログ