« 広島化成が働く女性のための黒スニーカーを提案しています 母の日のプレゼントにも最適です | トップページ | 革靴ブランドの三陽山長がヴィブラムソール搭載の新レーベル「ヤマチョウ・メイド」をスタートしました »

2020年5月11日 (月)

下肢装具、車いす、義足を使っている人にオシャレな靴を提案するMana’olanaのオンラインショップがオープンしました

Main_20200511103001


下肢装具ユーザーの布施田祥子氏が代表を務めるLUYL(ライル、埼玉・さいたま市)は5月7日、自社ブランド「Mana’olana」(マナオラナ)のオンライン販売をスタートさせました。

ライルは、代表の布施田氏表が障がい当事者の新たな選択肢として、「オトナのオシャレにふさわしく、なおかつさまざまな障がいに対応するデザイン」を提案するために設立された会社です。

同社では、「2年前にMana’olanaを立ち上げた当初から、誰もが心おどるような商品を取りそろえたセレクトショップをつくることを目指してきた」としており、まだ商品点数が少ない中でオンラインショップをオープンさせたのは「新型コロナウイルスの感染が拡大する中でも、“どうしたら靴を見られますか?”といった興味を持つお客様がいたから」と説明しています。

Mana’olanaの特徴は、下肢装具をつけていても、すっきりとしたフォルムで見た目の美しさを保っていること。

また、片手でも着脱できる工夫も凝らしています。左右別々のサイズでも購入できます。

試着付き、専任スタッフによるオンラインでのカウンセリングも行っています。

« 広島化成が働く女性のための黒スニーカーを提案しています 母の日のプレゼントにも最適です | トップページ | 革靴ブランドの三陽山長がヴィブラムソール搭載の新レーベル「ヤマチョウ・メイド」をスタートしました »

紳士・婦人靴」カテゴリの記事

無料ブログはココログ