« 前回の東京五輪の聖火ランナーの足を支えた国産スニーカー「アサヒランナーシューズ」が復刻発売されています | トップページ | 靴の学校、エスペランサ靴学院の第47期生の学生募集が1年延期となりました »

2020年5月 7日 (木)

「ガンター」が履き心地の良さ+アルファの機能で支持されています

20


欧州のコンフォートシューズを代表するブランドのひとつ「ガンター」を展開するバン産商は、「20年春夏は、ブランドの根幹にある履き心地の良さにプラスアルファされた機能や、つくりのアイテムが評価されている」としています。

画像の㊧は、マーケットに少ない細目(Dウイズ)のラストを採用した優れた木型設計が支持されているベストセラーシューズ。

画像の㊥は、外反母趾やリウマチ、糖尿病足の人にも有用な保存治療に適するオーソペディックシューズのSENSITIV(センシティブ)ラインの1足で、コンフォートシューズショップで安定して動いています。

そして画像の㊨は、理想的な歩行をサポートするローリング底が脊椎を優しく保護し、膝や腰への負担を軽減するAKTIV(アクティブ)ラインの1足です。

価格は左から3万8000円+税、4万2000円+税、3万7000円+税。

20年秋冬では、軽量底を配した編み上げブーツやスニーカータイプなども用意しています。

« 前回の東京五輪の聖火ランナーの足を支えた国産スニーカー「アサヒランナーシューズ」が復刻発売されています | トップページ | 靴の学校、エスペランサ靴学院の第47期生の学生募集が1年延期となりました »

紳士・婦人靴」カテゴリの記事

無料ブログはココログ