« 東京レザーフェアは開催中止が決まりました | トップページ | ベトナムで企画・製造されるスニーカー「MOT(モット)」が日本に上陸します »

2020年4月 9日 (木)

靴専門学校「エスペランサ靴学院」が47年の東京・浅草での歴史に幕を引き大阪に移転して運営されます

Photo_20200409160801
過去に行われたエスペランサ靴学院の入学式の様子


神戸レザークロス(重川亮一代表取締役)は、1973(昭和48)年から47年間にわたり運営し、1009人の卒業生を輩出してきた靴の専門学校「エスペランサ靴学院」浅草校を、3月19日付で閉校しました。

今後は同学院の第19期卒業生でもある大山一哲氏(ロカシュー代表取締役)が体制を一新したうえで、学校事業を引き継ぎ大阪で運営します。

なお、新生「エスペランサ靴学院」の47期生を募集し、5月11日に入学式が行われる予定です。

大山氏は、「これまでエスペランサ靴学院が行ってきた靴づくりを学ぶコースのほか、マーケティングやSNS、修理などを学ぶビジネスコースも設ける」としています。

問い合わせは、4月末日までは株式会社ロカシュー(大阪市西区北堀江1‐1‐23養田ビル3F、TEL06‐4396‐1192)、5月以降はA'ワーク創造館(大阪市浪速区木津川2‐3‐8、TEL06‐6562‐0410)まで。

« 東京レザーフェアは開催中止が決まりました | トップページ | ベトナムで企画・製造されるスニーカー「MOT(モット)」が日本に上陸します »

紳士・婦人靴」カテゴリの記事

無料ブログはココログ