« リーガルコーポレーションの新社長に武川雄二取締役営業本部長が就任します | トップページ | 八重洲地下街最大級のシューズショップ「マドラス八重洲店」がオープンしました »

2020年3月24日 (火)

欧米で人気のランニングシューズ「361°」の日本国内での本格販売がスタートしました

Sub2
SPIRE4 1万6800円+税

ゼットは、欧米で注目されているランニングシューズブランド「361°(スリーシックスティワン)」の日本国内の独占販売権を取得し、3月からランニング専門店、スポーツショップなどでの展開をスタートさせています。

361°は、アジア競技大会の2010年中国・広州、14年韓国・仁川、18年インドネシア・ジャカルタのメインスポンサーを務めたほか、16年リオ五輪の競技審判団ウェア・シューズをスポンサード、19年は世界遺産姫路城マラソンのスポンサーにもなっています。

また、19年女子トライアスロン世界ランキング1位のケイティー・ザフィアエス選手(米国)を始め、有力アスリートやチームとの契約も行っています。

さらに、15年以降、米国のランニング専門誌であるランナーズワールドで、ベストバイ賞、エディターズチョイス賞、ベストデビュー賞などを次々に受賞、18年にはISPOアワードも受賞。

とくにアメリカのランニング専門店ではトップ3に支持されるように認知度を高めており、ヨーロッパ市場でもドイツ、イタリア、オランダを中心に北欧や東欧の各国まで販売を拡大しています。

シンプルかつ高機能なシューズを展開する361°の差別化ポイントは、独自開発のミッドソール。

EVAフォームをPUでコーティングしたミッドソール「クイックフォーム」と、軽量で反発性と快適性を備えたEVA製の「クイックスプリング」で、耐久性とクッション性、さらにリバウンド性にも優れます。

ゼットでは、上級ランナーからファンランナーをターゲットに、①安定②クッション③軽量④トレイル、の4つのカテゴリーで商品構成し、初年度はランニング専門店やランニングに強いスポーツ店を中心にブランドの世界観を打ち出しながら、大型スポーツ専門店やEコマースのビジネスにつなげていく考え。

同社では、3年後に5万足の販売を目指しています。なお、ブランドスローガンの“One Degree Beyond”は、360°を1°超える=現状、限界を超えろ、を表しています。

« リーガルコーポレーションの新社長に武川雄二取締役営業本部長が就任します | トップページ | 八重洲地下街最大級のシューズショップ「マドラス八重洲店」がオープンしました »

ランニングシューズ」カテゴリの記事