« 八重洲地下街最大級のシューズショップ「マドラス八重洲店」がオープンしました | トップページ | “楽しく歩いて健康になる”がテーマの新ブランド「ロコウォーク」が発売されました »

2020年3月25日 (水)

サステナブルな取り組みが加速するなか「カンペール」がサステナブルファッションの「エコアルフ」と手を組みました

Photo_20200325162101


カンペールジャパンが展開するスペインの「カンペール」は、創業当初から継続してきた環境への配慮をもとに、これからのサステナブルな未来に向けて、エコアルフのリサイクル素材を使った新しいエコフレンドリーなスタイルを前シーズンに続き提案しています。

2020年春夏コレクションの「カンペール トゥギャザー ウィズ エコアルフ」は、カンペールのスマートなアーバンスニーカー「COURB(コーブ)」をベースに、100%リサイクルされたアッパーとシューレース、ライニングを使用しています。

さらに、アウトソールには可能な限り高い配合率のリサイクル素材を使用しており、カンペールの歴史の中では最もサステナブルなバージョンとなっています。

カンペールでは、このシューズ1足の売上げにつき2ユーロを、海洋ゴミを回収して高品質な糸に変えて衣服を生産する国際的なプロジェクト「アップサイクリング・オーシャン」を通じてエコアルフ財団に寄付するとしています。

2_20200325162101


エコアルフのハビエル・ゴジェネーチェ社長兼創業者は、「他者がゴミとしてみるものを、エコアルフは最高品質の原材料とみている」と述べています。

カンペールはこの考え方に賛同し、今後もサステナブルな取り組みを行っていくとしています。

取り扱い店舗は、全国のカンペールストア(取り扱いのない店舗もある)、カンペールオフィシャル・オンラインストアで、価格は1万7000円+税。男女サイズがあり、カラーはオフホワイト、ネイビー、ブラック。

« 八重洲地下街最大級のシューズショップ「マドラス八重洲店」がオープンしました | トップページ | “楽しく歩いて健康になる”がテーマの新ブランド「ロコウォーク」が発売されました »

スニーカー」カテゴリの記事