« 【ランニングシューズ】 「ミズノ」は“モノ”דコト”の提案で接近戦でランナーにアプローチしていきます | トップページ | 婦人靴を展開する企業がスニーカー市場に足を踏み出しています »

2020年2月 5日 (水)

【ランニングシューズ】 「ザ・ノース・フェイス」は様々なテクノロジー駆使して快適に走れるシューズを提案しています

Photo_20200204192701
ハイパーフレックスオーソレート 1万5800円+税


ゴールドウインが展開する「ザ・ノース・フェイス」は、昨年8月から直営店とwebストアで先行発売したベロシティニット(ミッド)ゴアテックスインビジブルフィットが人気を集めています。

トレイルランニングは、高い衝撃吸収性を発揮するXTRAFOAM(エクストラフォーム)を搭載したアンペッツォと、高い反発力のFASTFOAM(ファストフォーム)搭載のフライトトリニティを展開していますが、UTMFに協賛するブランドとして、FASTFOAM搭載のウルトラトラクションをメイン商品に、より長い距離に対応したモデルの強化をはかっていきます。

また、“街から山まで”のランやウォーキングに使えるハイパーフレックスオーソレートは、汎用性の高さや特徴的なデザインも相まって受注が良好。

トレイルランニングカテゴリーとしては前年の倍以上の受注が入っていることから、混沌としてきたマーケットで新規ユーザーを獲得し、シェアアップを狙っていくそうです。

Photo_20200204192702
ピナクルランナープログレッシブ 1万5800円+税


一方、ロードランニングシューズの受注も好調で、トレイルランニングで培った機能性を活用しながら、“フルマラソン以上の長い過酷な距離を走る際にも足へのダメージを抑えて快適に走れる”という開発コンセプトの訴求を続けていきます。

XTRAFOAMを搭載したピナクルランナーの進化バージョンであるピナクルランナープログレッシブは、エンジニアードメッシュ使いのアッパーにFASTFOAMを搭載し、サブ3.5ランナーに対応。

このピナクルランナープログレッシブや前出のウルトラトラクションには、グリップ力と耐久性を特徴にした2種類の配合のラバーを組み合わせたEXTSテクノロジーを搭載しており、ザ・ノース・フェイスのパフォーマンスモデルらしい機能が訴求できるアイテムになっています。

またイヴォルブランナーは、1つのシューズにXTRAFOAM(ミッドソール踵部分)とFASTFOAM(ミッドソール前足部分)を初めて使った軽量ロードランニングシューズ。ヒールカウンターにエコ素材を使ったサステナブルなモデルでもあります。

« 【ランニングシューズ】 「ミズノ」は“モノ”דコト”の提案で接近戦でランナーにアプローチしていきます | トップページ | 婦人靴を展開する企業がスニーカー市場に足を踏み出しています »

ランニングシューズ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ