« 「ティンバーランド」から環境負荷を抑えつつ快適性と高機能性を維持したシューズを発売しています | トップページ | 「アサヒシューズ銀座ファイブ店」がアサヒメディカルウォークを中心に計画を上回るペースで推移しています »

2020年1月11日 (土)

Shoes Post Weeklyが2019年のシューズ業界10大ニュースを選定しました

Photo_20200111174301


1位は、欧米から火が付いた「サステナビリティへの取り組み」。シューズ業界でも、ここ数年でアウトドア分野やスポーツ分野から環境を配慮した製品や活動への取り組みが急増してきています。

2位は「スニーカーが主役としてマーケット牽引」(写真)。生活者、とくに女性の足元がスニーカーに振れて約8年が経過しました。スニーカーはすでに市場に定着し、シューズ業界はスニーカーがなくては成り立たない状態になっています。

3位は「消費増税が靴小売企業、靴メーカーの業績を直撃」。4位以下はShoes Post Weeklyの紙面で。


« 「ティンバーランド」から環境負荷を抑えつつ快適性と高機能性を維持したシューズを発売しています | トップページ | 「アサヒシューズ銀座ファイブ店」がアサヒメディカルウォークを中心に計画を上回るペースで推移しています »

シューズ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ