« 2月4~6日に第66回シューズ・フロム・イタリー展がベルサール渋谷ガーデンで開催されます | トップページ | ランニングシューズ「MEDIFOAM(メディフォーム)」がドイツで開催中のスポーツ用品ビジネス見本市、ISPOに出展しています »

2020年1月22日 (水)

Shoes Post weeklyが靴小売店 売上高トップ50社ランキング(2018~2019年度)をまとめました

Photo_20200122130601


前年度よりも増収となったのは50社中16社と前年度と同数でした。前々回の5社減、その前の回の13社減に歯止めがかかった形ですが、婦人靴PBを自社店舗で販売するSPA型に増収企業が多いことから、取り巻く環境の変化が見えています。

また、ランキング上位30社に占める大手3社(エービーシー・マート、ジーフット、チヨダ)の売上比率は、前回から0.4ポイント上昇し69.6%。売上高10億円以上の中堅企業で2ケタ伸長したのは、前回同様2社にとどまりました。

シューズのネット販売が急成長するなか、シューズとファッション商品の通販サイト「ロコンド」を展開するロコンドの19年2月期の連結業績は、商品取扱高が返品前176億円、返品後140億円、売上げは67億1000万円でした。ただし、TVCMなどの広告宣伝費が増加し、販管費が61億円を超えたことから営業損失9億7900万円で最終赤字となっています。

19年は靴小売業界の苦戦を象徴する出来事も起こりました。5月にはアパレル企業のワールドグループが、エスペランサなどを展開する前年度売上高ランキング13位の神戸レザークロスを買収。

8月末には同14位のタケヤが東京地裁に民事再生法適用を申請し、事実上倒産しました(その後、今年1月10日に富山のワシントン靴店がタケヤの事業を譲り受けると発表しています)。

一方、オリエンタルトラフィックなどを展開するダブルエーは、19年11月1日に東京証券取引所マザーズに上場しました。大都市部の駅ビルや大型商業施設に集中出店することで販売額を伸ばしているSPA型婦人靴チェーンからは目が離せません。

この記事の詳細は、Shoes Post Weeklyの紙面で。

« 2月4~6日に第66回シューズ・フロム・イタリー展がベルサール渋谷ガーデンで開催されます | トップページ | ランニングシューズ「MEDIFOAM(メディフォーム)」がドイツで開催中のスポーツ用品ビジネス見本市、ISPOに出展しています »

シューズ専門店」カテゴリの記事

無料ブログはココログ