« リーボックが植物由来素材を使ったランニングシューズを開発しました | トップページ | 専門職向けシューズをアレンジしたデイリーシューズ「810s(エイトテンス)」がデビューしました »

2020年1月 6日 (月)

レザーシューズ「三陽山長」から新たなライン、YAMACHO MADEが発売されます

Photo_20200106152501
YAMACHO MADEのストレートチップ


三陽商会の「三陽山長」から新しいシューズライン「YAMACHO MADE」が登場します。

同社では新ラインについて、「三陽山長のブランディングが固まってきたことから、三陽山長のフィルターを通した新たなレザーシューズとして立ち上げる」と説明しています。

同社が19年9月に立ち上げた、シューズデザイナー竹ヶ原敏之介氏を起用した新レーベル、EX-LINE(エックスライン)が感度の高いユーザーに好評なことから、エックスラインのコレクションラインに対し、スタンダードなラインとしてYAMACHO MADEを提案するとしています。

ファーストコレクションは、グッドイヤーウェルテッド製法を用いた3型(ストレートチップ、モカシンシューズ、サービスマン)で、ステアの肉厚なレザーにヴィブラムの別注ソールを搭載。

20年2月下旬発売予定で、価格は税込みで5万円を切る4万5000円+税に設定しています。

同社では、「サステナブルな観点からもリペアをしつつ長く履いてもらえるもの、そしてストーリー性があって使いやすいシューズを提案していく」としており、今後マッケイ製法によるパーティシューズやサンダルなどを加えることも考えています。

« リーボックが植物由来素材を使ったランニングシューズを開発しました | トップページ | 専門職向けシューズをアレンジしたデイリーシューズ「810s(エイトテンス)」がデビューしました »

紳士靴」カテゴリの記事

無料ブログはココログ