« 10周年迎えた「カンペール」の表参道店と代官山店で色や素材が選べるカスタムシューズを限定販売します | トップページ | 東急ハンズがシューケアマイスターを10人体制にしてコンサルティングセールスを強化しています »

2019年10月11日 (金)

“KAZOKU”プロジェクトにより「ミズノ」のスニーカーのブランディングができつつあります

Photo_20191011190901
ミズノのライフ&ヘルス事業部スポーツスタイルシューズMDの牧野さん


ミズノのスポーツスタイルシューズ事業が注目度を上げています。

同社は2018年2月から世界のスニーカーショップとタッグを組んだ“KAZOKU(カゾク)”プロジェクトを始動させ、第1弾のミタスニーカーズとのコラボモデルを皮切りに、ひと月に1モデルの発売を続け、今年9月中旬に20作目に到達しました。

同社のスポーツスタイルシューズMDの牧野雅臣さんに話を聞きました。

20th
“KAZOKU”プロジェクト第20弾のモンドコントロール“パープルシロップ”。ミタスニーカーズとのコラボモデル


■“KAZOKU”プロジェクトの反応は。
 「反響が大きく、ほとんどのモデルが即完売になっている。スニーカヘッズに注目されており、すべてをコレクションしようとする人もいるほど。ミズノのスニーカーファンが多くなってきたと感じている。この限定モデルが認知されてきたことで、スポーツスタイルの定番モデルを扱いたいというスニーカーショップも拡がってきている」

「さらにパフォーマンスモデルのウエーブプロフェシーがアパレルセレクトに採用されるなど、復刻とパフォーマンスの両極で売れ始めている。 “KAZOKU”プロジェクトの始動でメディアの掲載も増え、SNSでの拡散もあってミズノのスニーカーのブランディングが徐々にできてきたと感じている」

続きはShoes Post Weeklyの記事で。

« 10周年迎えた「カンペール」の表参道店と代官山店で色や素材が選べるカスタムシューズを限定販売します | トップページ | 東急ハンズがシューケアマイスターを10人体制にしてコンサルティングセールスを強化しています »

スニーカー」カテゴリの記事

無料ブログはココログ