« 【特集MADE IN JAPAN こだわりの日本製】アサヒシューズが聖火ランナーに提供した「アサヒランナーシューズ」の復刻に取り組んでいます | トップページ | 【MADE IN JAPAN こだわりの日本特集】スリッポンに特化した「Iugen-イウゲン」第2弾は個性的意匠をオリジナルラバー底で表現しました »

2019年8月28日 (水)

若者に人気のシューズブランド「アキクラシック」が日本に上陸します

Photo_20190823115501

日韓関係の悪化は気になるところですが、韓国を経由して上陸したダッドスニーカー人気が市場を賑わすなど、すでに定着しているK-POPと合わせて音楽やファッションの世界では韓国は身近な存在になっています。

そうしたなか、SHINYOH(大阪・堺市)は韓国のシューズブランド「AKIII CLASSIC(アキクラシック)」を19年秋冬から限定店舗でテスト販売を行い、20年春夏から本格展開します。

「アキクラシック」は、2015年から韓国でK-POPアイドルを起用したプロモーションを展開して人気となっています。韓国には直営店があるほか、百貨店や現地のスニーカーショップでコーナー展開もされています。

人気ガールズグループをプロモーションに起用した展開で若い女性から人気を集めており、日本でもティーンエイジャーの間で数年前から話題となり、「アキクラ」の略称で呼ばれるなど、注目されています。

SHINYOHでは、9月から靴ルートとアパレルルートなどで限定的に販売し、20年春夏から本格展開をスタートさせる予定です。インヒールモデルを含め、ボリューム感のある厚底ソールを配したスニーカーをメインに展開し、平均価格は7000円+税前後です。

« 【特集MADE IN JAPAN こだわりの日本製】アサヒシューズが聖火ランナーに提供した「アサヒランナーシューズ」の復刻に取り組んでいます | トップページ | 【MADE IN JAPAN こだわりの日本特集】スリッポンに特化した「Iugen-イウゲン」第2弾は個性的意匠をオリジナルラバー底で表現しました »

スニーカー」カテゴリの記事

無料ブログはココログ