« マウンテンブーツに動きが出てきたようです | トップページ | 靴専門店大手3社の20年2月期第1四半期業績はスポーツ靴 VS 紳士・婦人靴の好不調が鮮明になりました »

2019年7月29日 (月)

鼻緒に着目した日本製の「ハナオエルゴ」の一般発売がスタートしました

1_20190729104701

「ムーンスター外反母趾研究所」を始動

ムーンスターは、外反母趾を始めとする女性の足の悩みと向き合うプロジェクト「ムーンスター外反母趾研究所」を7月から同社直営店のウォーキングフォーエバープラス国分寺店を拠点に始動し、鼻緒に着目した日本製の婦人靴「ハナオエルゴ」の一般先行発売を同店で開始しました。

外反母趾や足の変形は、足の大きさや幅に合わない靴を履くことでつま先部が圧迫されることが原因の1つと言われています。

「ハナオエルゴ」は、足の前滑りを防ぐため、鼻緒をインソールに活用。調整可能な鼻緒型のバンドが靴の中で足をしっかりホールドすることで、靴内の足の前滑りを防ぎ、つま先の圧迫による痛みを軽減する効果を発揮します。

2_20190729104701
シューズ内に搭載されているハナオインソール

検証実験では、ハナオエルゴを3カ月着用した被験者の約89%が外反母趾の痛みの軽減を実感。また、鼻緒バンドのサポートにより、足指を使った歩行を促す効果も期待できるほか、ハナオエルゴを履いた一部の被験者は足裏の胼胝(タコ、べんち)にも変化が見られたそうです。

開発にあたっては、ムーンスターの145年の技術と蓄積したデータをもとに、「Dr.GRIP」など人間工学的知見に基づいた商品開発を行ってきた医学博士の宇土博氏と6年にわたる共同研究を実施。外反母趾の足の靴の中の状態を始め、約250人の女性の足型を測定し、その特徴に適した靴型を導き出すなど改良を重ねました。

「ハナオエルゴ」はシューレースタイプとベルトタイプがあり、価格はともに3万円+税です。

« マウンテンブーツに動きが出てきたようです | トップページ | 靴専門店大手3社の20年2月期第1四半期業績はスポーツ靴 VS 紳士・婦人靴の好不調が鮮明になりました »

婦人靴」カテゴリの記事

無料ブログはココログ