« ミズノのロングセラーウォーキングシューズから新製品が発売されます #ミズノ #ミズノウォーキング #LD40シリーズ | トップページ | 続「2018年のシューズ業界10大ニュース」 4位以下にFUN+WALK、新生産システムなどランクイン #10大ニュース #シューズ業界 #シューズ »

2019年1月12日 (土)

走るリカバリーシューズ「メディフォーム」にホールド感高めた新製品が登場です #メディフォーム #アキレス #ランニングシューズ

Mf203_tng

MF203ワイド 9800円+税


アキレスは、自社開発の新ポリウレタン(
PU)素材である「MEDIFOAM(メディフォーム)」を搭載し、新発想の“走るリカバリーシューズ”として市場浸透中のランニングシューズ「MEDIFOAM」の19年春夏新製品を、1月中旬から本格発売します。

日本のランニング人口が
1000万人規模になったと言われるなか、自己流で頑張りすぎて膝や腰などを痛めてしまうことを原因に、ビギナーの半数以上が1年以内にやめてしまっているのが現状です。そこでアキレス 、このスポーツ・ランニング障害の軽減に配慮し、“走るリカバリーシューズ”という新発想のコンセプトで走る楽しさを支えるランニングシューズを開発しました。

順天堂大学の分析によると、このMEDIFOAMは、1㎞を56分で走った際に筋活動量が少なくなる傾向がうかがわれることから、フルマラソンを3時間後半から45時間で完走するランナーのレース用としても使えます。

2019年春夏は4タイプ17をラインアップ。価格帯は9800+税から13000+税。それぞれフィット感を向上させたほか、アッパーはシームレスな立体プリントで柔軟性とつま先部の自由度を高めました。履き口はパッドのアレンジを変更し絶妙なホールド性を実現しています。

 

 

« ミズノのロングセラーウォーキングシューズから新製品が発売されます #ミズノ #ミズノウォーキング #LD40シリーズ | トップページ | 続「2018年のシューズ業界10大ニュース」 4位以下にFUN+WALK、新生産システムなどランクイン #10大ニュース #シューズ業界 #シューズ »

ランニングシューズ」カテゴリの記事

« ミズノのロングセラーウォーキングシューズから新製品が発売されます #ミズノ #ミズノウォーキング #LD40シリーズ | トップページ | 続「2018年のシューズ業界10大ニュース」 4位以下にFUN+WALK、新生産システムなどランクイン #10大ニュース #シューズ業界 #シューズ »

最近の記事

無料ブログはココログ