« 東京レザーフェアが12月6日と7日に開催されます | トップページ | 足に特化した企業コンソーシアム「足ビジネスアイディアハッカソン実行委員会」が始動しました »

2018年12月 8日 (土)

アサヒシューズが埼玉県の幼稚園で恒例の足型計測会を実施しました

Photo
しんせい幼稚園での足型計測会の様子


アサヒシューズは
1026日、埼玉県さいたま市のしんせい幼稚園で恒例の足型計測会を行いました。

同社は
2003年から足型計測器フットグラファーを使って計測会を行っています。今年の計測人数は、園児132人と教員9人合わせて141人でした。

同社では、普段履いている靴のサイズが足の計測値と適合しているかも毎年調査しています。足に合った靴を履いている平均値は全体の約
25%ですが、しんせい幼稚園では数年前から約70%となり、現在もその数値をキープしています。

2
指定履きの「アサヒ健康くん」


一昨年からは「アサヒ健康くん」の上履き
AKK502Aを指定履きとしており、教員も愛用しています。

初回から計測会に取り組んできたアサヒシューズ商品企画部長補佐の古賀稔健さんは「クレーム対応で初めて訪れて以来、商品開発にも現場の声をいただいている。そして毎年、足型測定会と
2~3年に1度のペースで報告会を開催している。

その後、日本製のアサヒ健康くんの上履きが指定履きになった。この商品を園児たちが履くことによって、足趾の角度(特に5趾)に優位性も見られている」と話しています。

« 東京レザーフェアが12月6日と7日に開催されます | トップページ | 足に特化した企業コンソーシアム「足ビジネスアイディアハッカソン実行委員会」が始動しました »

子ども靴」カテゴリの記事

トラックバック

« 東京レザーフェアが12月6日と7日に開催されます | トップページ | 足に特化した企業コンソーシアム「足ビジネスアイディアハッカソン実行委員会」が始動しました »

無料ブログはココログ