« 【書籍】女性初のシューフィッターが書いた「お客様を幸せにする『靴売り場』」が発刊されました | トップページ | アシックスは「オニツカタイガー」事業を2020年に550億円の売上規模にすると発表しました »

2018年9月 7日 (金)

「インソール プロ」から初のスポーツ用が登場します

Photo


「日本人の足を知り尽くした日本の企業がつくる日本製」で訴求

村井が製造・販売している中敷「インソールプロ」から、初のスポーツカテゴリーが登場します。

同社は、10年以上前から「insole PRO(インソールプロ)」シリーズで、主にビジネスシーン向けにインソールを展開してきましたが、このほど初のスポーツ用インソール「インソールプロスポーツ」を開発、今年10月から雑貨ルートおよびスポーツ、シューズルートでの発売を予定しています。

今回、提案したのはランニング用、ウォーキング用、トレッキング用の3種類。ランニング用はカップインソールの後足部に内側を長く設計した樹脂製スタビライザーを配置しネジレに対応、また母趾球部に凹みを設けることで蹴り出し時のグリップ性を高め推進力につなげます。

ウォーキング用は自然な歩行である“あおり運動”をサポートするコントロールボードを設計、3Dアーチサポートで足の3つのアーチをキープします。トレッキング用は深いヒールカウンターで安定感を高めるなど、用途に応じた機能を付加していることが特徴です。

同社では「ランニング用についてもアスリートというよりも、週末に趣味で走るといったファンラン層に向けて提案していきたい」としています。

同社では、靴メーカーに約70年にわたり部材(パーツ)を供給してきた実績があり、日本人の足を知り尽くしています。その知見を活かし、今回のインソールプロスポーツの開発でもアーチサポートの位置などをこれまでのデータから割り出し、「日本の企業が日本人の足に合わせて設計したインソール」として訴求していくとしています。

日本製で
XSXLの5サイズ展開。価格はランニング用とウォーキング用が各5000円+税、トレッキング用が5500円+税。

« 【書籍】女性初のシューフィッターが書いた「お客様を幸せにする『靴売り場』」が発刊されました | トップページ | アシックスは「オニツカタイガー」事業を2020年に550億円の売上規模にすると発表しました »

靴用品」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「インソール プロ」から初のスポーツ用が登場します:

« 【書籍】女性初のシューフィッターが書いた「お客様を幸せにする『靴売り場』」が発刊されました | トップページ | アシックスは「オニツカタイガー」事業を2020年に550億円の売上規模にすると発表しました »