« 「ダンロップモータースポーツ」のマックスランライトが東京コレクションのランウェイに登場しました | トップページ | 7月3日からベルサール渋谷ガーデンで「モーダ・イタリア&シューズ・フロム・イタリー」開催 »

2018年6月22日 (金)

マドラスが東京本社(浅草)内に「madras TOKYO FACTORY」をオープン

1


婦人靴強化を目的のひとつに“日本のものづくり”発信

革靴メーカーのマドラスは、今年4月から東京本社(東京都台東区浅草)2
階に、日本のモノづくりの発信基地として「madras TOKYOFACTORY」をオープンしています。

同社は、日本と欧州連合の経済連携協定(EPA の発効などを見据え、品質の高いMade in JAPAN 製品の訴求を進めていく方針を打ち出しており、その一環として、得意とする紳士靴と同じように革製の付加価値の高い婦人靴を、イチから開発することに取り組んでいるものです。

2
靴づくりのスペシャリスト。左から髙橋夫妻と吉川さん


今回の「madras TOKYO FACTORY」開設の目的の1つは、そうした婦人靴を強化することにあり、マドラスおよびレディマドラスの商品部から3人のスペシャリストを抜てき。本社工場(愛知県) と連携しながら、それぞれ製甲、吊り込み、CAD CAM システムを使った設計を担当し、手づくり感のある婦人靴を、madras TOKYO FACTORY から国内外に発信し、国産の価値を高める役割を担います。

詳細は、Shoes Post Weeklyで紹介しています。

 

 

« 「ダンロップモータースポーツ」のマックスランライトが東京コレクションのランウェイに登場しました | トップページ | 7月3日からベルサール渋谷ガーデンで「モーダ・イタリア&シューズ・フロム・イタリー」開催 »

紳士・婦人靴」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マドラスが東京本社(浅草)内に「madras TOKYO FACTORY」をオープン:

« 「ダンロップモータースポーツ」のマックスランライトが東京コレクションのランウェイに登場しました | トップページ | 7月3日からベルサール渋谷ガーデンで「モーダ・イタリア&シューズ・フロム・イタリー」開催 »

無料ブログはココログ