« 「ミズノ」から初めてのニットアッパーのランニングシューズが登場します | トップページ | 糖尿病、リウマチに対応する靴について研究している団体があります »

2018年3月13日 (火)

「瞬足」から踵、足囲、通気性、衝撃吸収性、屈曲性にこだわった上履きを発売しています

101

アキレスは
、発売15周年を迎えるジュニア用スポーツシューズ「瞬足」から、現代の子どもの足の変化と成長過程の足に配慮し、従来品から進化した機能をもたせた上履き「瞬足@SCHOOL」(瞬足アットスクール)を3月上旬から順次発売している。

東京都の調べによると、社会環境の変化により小学生の1日の歩数は、1980年の約2万7000歩から2011年には約1万1000歩と激減している。同社は、「瞬足」の足育(そくいく)活動の一環として「足型測定会」を全国各地で実施しており、子どもの足の様々なトラブル(外反母趾、浮き指、偏平足等)が目立ち、小学生の約半数が足囲1E以下であるなど、現代の子どもの足が細く薄く変化してきている事実に着目してきた。

また、保護者からは子どもの足への不安(靴がゆるくて足に合っていない、ハーフサイズがない、細身のタイプがない、靴底が薄くて跳び箱でケガをした等)や疑問の声が多く聞かれていた。そこで子どもが1日のなかで一番長く(6~8時間)履く上履きである「瞬足アットスクール」は、学校生活を応援するブランド「瞬足」の視点から、世界で一番快適な上履きを目指し開発された。

一般的に小学生は年間約10㎜足長が伸びるとされ、足の骨格の基本である縦と横方向のアーチ構造が完成する大切な時期に当たる。そのため「瞬足アットスクール」は校内活動における足への様々な負担と成長期の足に配慮した高機能な上履きとした。

踵部、足囲、通気性、衝撃吸収性、屈曲性にこだわりぬき、従来の上履きから進化した5つの機能(①ヒールスタビライザーが踵をホールド、②現代の子どもの足に合わせた1.5Eのラスト設計、③メッシュアッパーと通気孔がムレを抑える、④衝撃吸収材が足への負担を軽減、⑤足の自然な動きに合わせた屈曲性、を持たせた。

ワンストラップタイプの「瞬足@SCHOOL 101」(写真)が2300円+税、スリップオンタイプの「瞬足@SCHOOL 102」が2500円+税。色は白のみ。

サイズは14.0cm26.0cmハーフサイズあり)。ともにカラーは白のみで日本製。2018年度の販売目標は5万足。

なお、「瞬足」の新TVCM「瞬足@SCHOOL」篇が『世界まる見え!テレビ特捜部』(毎週月曜日19:56~NTV系列)でスタート、『名探偵コナン』(4月7日土、18:00~放送、読売テレビ、日本テレビ系)で放映される。

« 「ミズノ」から初めてのニットアッパーのランニングシューズが登場します | トップページ | 糖尿病、リウマチに対応する靴について研究している団体があります »

子ども靴」カテゴリの記事

« 「ミズノ」から初めてのニットアッパーのランニングシューズが登場します | トップページ | 糖尿病、リウマチに対応する靴について研究している団体があります »

無料ブログはココログ