2019年8月26日 (月)

イタリア・ヴィブラム社の新サービス「ソールファクター」が日本に初上陸しました

Photo_20190822191901

国内外の高級紳士靴をメインにしたリペア(修理)ショップ「RESH.」を、伊勢丹新宿店メンズ館など国内に13店舗、海外に9店舗(韓国8、タイ1)展開するリッシュ(東京・台東区、三浦浩三代表取締役)は、イタリアのソールメーカー、Vibram(ヴィブラム)社とタッグを組んだ新たなショップを、今年6月26日にリフレッシュオープンした日本橋三越本店本館2階紳士靴売り場の「Men’s Shoes Care & Repair Counter」に併設する形で開設しました。 

日本に初めて上陸したヴィブラム社のソールカスタマイズサービスの名称は、「SOLE FACTOR(ソールファクター)」。

これはヴィブラム社が世界で展開をスタートさせた「ソールを“機能的にカスタマイズする”サービス」(ヴィブラムジャパン)で、すでに世界ではアテネ、パリ、ロンドン、ウィーンで展開されています。

Photo_20190822191902
「Men’s Shoes Care & Repair Counter」の全景

ソールファクターは、ヴィブラムをより多くの人に知ってもらうことを目的に、本国イタリアでは数年前からトラックに機材を積んで行う、B to Cのプロモーションとしてスタートさせていました。

日本橋三越本店本館内のソールファクターは、「ア・テストーニ」「ジョン ロブ」「ジェイエムウエストン」「サントーニ」の4ブランドで構成される紳士革靴のハイエンドゾーンの靴売り場隣に位置し、日本仕様の白い壁面にヴィブラム社から提供された動画とともに、4つの機能軸で提案されるソールが各8種類、合計32種類が展示されています。詳細はShoes Post Weekly の紙面で。

2019年8月23日 (金)

アシックスの19年12月期第2四半期業績は、減収増益も「計画通りの進捗」としています

Photo_20190822185301

アシックスの19年12月期第2四半期(1~6月)連結業績は減収増益でしたが、廣田康人社長COOは「為替の影響を除くと増収となっており、構造改革により経費が軽減され増益となったことで計画通りに進捗している」と述べています。

オニツカタイガーは前期比7.6%の増収(為替影響除くと2ケタ増)で、中国では6月に上海、7月に北京に旗艦店を出し、今後はニューヨーク、パリ、ミラノなどの主要都市にブランディングの拠点となる直営店を出店し、真のラグジュアリーブランドを目指すとのこと。

パフォーマンスランニングは欧州が低調で同3.7%の減収でしたが、第1四半期に14四半期振りの増収を果たした北米が引き続きプラスを維持したことも寄与し、「売上げは計画よりも約20億円上回った。ディスカウントの実施で粗利益が悪化し、営業利益は同53.8%減だったが、為替の影響を除くとほぼ計画通り」としています。

詳細は、Shoes Post Weekly の紙面で。

2019年8月22日 (木)

リーボックの新コンセプトストアが日本初上陸。渋谷に9月14日にオープンします

1_20190822115701

「リーボック」のDNAであるフィットネスとファッションを融合した新コンセプトストアの日本第1号店「リーボックストア 渋谷」が東京・渋谷にオープンします。

「リーボックストア 渋谷」はスタジオフィットネス、トレーニング、ウォーキング、ランニングを中心とした高機能パフォーマンスウェアやシューズから、80~90年代を代表するリーボックの歴代スニーカーやアパレルまで、リーボックの魅力のすべてを一度に体験できる新たなコンセプトストアで、今年1月に世界に先駆けて中国・北京でローンチされ、日本には初上陸となります。

オープン記念キャンペーンとして、生誕25周年を迎えたインスタポンプフューリーの人気モデル“シトロン”および“サックス”の数量限定販売や、オリジナル限定Tシャツなどを発売。

また、リーボックと所縁の深い格闘家、堀口恭司選手やフィットネストレーナーのガンダルフ・アーチャー・ミルズとのスペシャルコラボアイテムの販売も予定しています。◇リーボックストア 渋谷=東京都渋谷区神南1-20-17▽TEL=03(5784)0960▽店舗面積=263㎡(76.9坪)

2019年8月21日 (水)

【特集MADE IN JAPAN こだわりの日本製】シューレースブランドの「キャタピラン」が進化しています

Photo_20190821140701

ツインズが結ばない靴紐「キャタピラン」の国産化に踏み切ったのは、デビューから3年目を迎えた16年4月。製造ラインは、新潟県燕市にあるロジスティックセンター内に設けられています。

国産化の目的は、品質の安定および改善、顧客ニーズに合った迅速な商品試作・開発、小ロット・短納期への対応で、ファブレスメーカーから、原材料から完成品までを手がけるものづくりメーカーへと進化しました。現在、10人のスタッフが業務に当たっており、1日に1万ペアを製造しています。

同社の製紐課では、「その日の気温や湿度が原因で靴紐の長さや形状が大きく変化することがある。“靴紐は生き物”だと言われる所以で、すべての製造工程において徹底した品質管理体制とチェック体制を整えている」と語っています。

Photo_20190821140702

また、キャタピランはナイロンとゴムを自動機によって編み込むことで製紐されているが、「機械ではできない部分もあり、人の手による微調整が必要不可欠。見えない部分にまで手間暇をかけて、仕上がりを追求している」そうです。

同社梶原隆司社長は、今後の展望について「自動車業界には自動車部品の製造販売を行うチューンアップメーカーが数社あるが、当社はランニングシューズのチューンアップメーカーを目指す」と意気込んでいます。

また、16年12月にアメリカ・フロリダ、19年3月にオランダ・アムステルダムに販売会社を設立するなど、MADE IN JAPANの“NON-TIE”シューレースブランドとして海外展開を推進。さらに、製紐技術を活かしたアパレル資材やトレーニング用品の開発に取り組むなど、新たなフィールドへ歩みを進めています。

2019年8月20日 (火)

チヨダが「全国高等学校ダンス部選手権 JSDA PRESENTS DANCE CLUB CHAMPIONSHIP VOL.7」に協賛しています

Photo_20190820154201
昨年の「チヨダ賞」受賞校、山村国際高校にプレゼントされた光るダンスシューズ

靴専門店大手のチヨダは、8月21日(水)に千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで決勝大会が行われる「全国高等学校ダンス部選手権 JSDA PRESENTS DANCE CLUB CHAMPIONSHIP VOL.7」に協賛しています。

この選手権は、 高校ダンス部日本一を決めるコンテストとして、 2013年に日本ストリートダンス協会(JAPAN STREET DANCE ASSOCIATION)の主催でスタートしたもので、 全国の高校ダンス部がチームで技を競い合う、 まさに「ダンスの甲子園」的な存在。

Photo_20190820154202

チヨダは今年で5回目の協賛で、「チヨダ賞」受賞のダンス部メンバーと考えた“オリジナル光るダンスシューズ“を贈呈しています。

全国に1000店以上あるチヨダ店舗でポスターなどを用いたダンスコーナーを展開することで、この大会の認知向上をはかるとともに、 ダンスに熱い思いを持った全国の高校生を応援しています。

同社では「小・中・高校の授業必須科目となっているダンスを支援することは、 地域社会への貢献にも資するものと考えている」としています。

2019年8月19日 (月)

「ダンスキン」から初のシューズが発売されます

02_odile

ゴールドウインが展開する女性のためのアクティブウェアブランド「DANSKIN(ダンスキン)」の幾左田千佳氏デザインによるカプセルコレクションから、ブランド初のシューズが登場します。

アッパーには、フィット感の高いニットを採用し、「ダンスキン」の原点であるバレエを想起させるチュールを靴紐に使用しています。

アウトソールにグリップ力の高いヴィブラムソールを使っているので、日常使いだけでなく屋外のアクティビティなどにも着用できます。画像のOdile(オディール)は1万8000円+税。

8月21日(水)から、DANSKINショップやNEUTRALWORKS.、伊勢丹新宿店本館2F、エストネーション六本木ヒルズ店2F[期間:8月23日(金)~9月19日(木)]、スパイラル 1F showcase[期間:9月2日(月)~9月8日(日)]、DANSKIN OFFICIAL ONLINE STORE などで順次発売予定です。

2019年8月16日 (金)

伊勢丹メンズで9月11日から「靴博」が開催されます

Photo_20190814182001


伊勢丹新宿店本館6階の催物会場で9月11日(水)~16日(祝)、「ISETAN 靴博 2019」が開かれます。

「靴博」とは“靴文化の発展”をテーマに、15、16年にメンズ館地下1階のポップアップスペースで開催したイセタンメンズオリジナルの企画で、 日本のモノづくりにフォーカスをした靴の博覧会です。

靴マニアやこだわり層からファミリー層までが楽しめるワークショップやイベントなどを、多数用意して開催するとのことです。

テーマパークをイメージした8つのゾーンには、イセタンメンズの強みである、 国内外様々なシューズブランドとの靴博のための伊勢丹新宿店限定品を集積した「リミテッド シューズ パーク」や、国内外屈指のシューシャイナーたちが一堂に集結するシューズ アーケードなどがあり、ヌメ革を使用した靴のカラーリングオーダーや革小物のカラーリング体験、 未完成の靴の仕上げ体験など、 靴や革にまつわるワークショップが日替わりで登場します。

また、目玉イベントとして9月14日(土)には、靴磨きの世界チャンピオン3人と、 日本チャンピオン、 スウェーデンチャンピオン、 ロシアチャンピオンの計6人を招聘し、 チャンピオン中のチャンピオンを決める大会「Shoeshining Champion of Champions」を開催します。

詳細は8月29日(木)公開予定のイセタンメンズネット、靴博公式Instagramで。

2019年8月15日 (木)

【特集MADE IN JAPAN こだわりの日本製】「アキレス・ソルボ」が扱いの難しい羊革を使った商品化に挑戦

Photo_20190814175501
羊革を使った柔らかい履き心地が特徴

アキレスが、業界に先駆けて導入したPUダイレクト・インジェクション製法により、履き心地と歩き心地の良いレザーシューズを展開する「アキレス・ソルボ」は、同社の足利第二工場で生産する日本製のシューズを充実させています。

そのなかで最近、人気となっているのが、ラムレザー(羊革)を使った商品グループで、その履き心地の良さが脚光を浴びています。

「シワが寄りやすい」など、柔らかく扱いの難しい羊革を、「アキレス・ソルボ」の機能性の源でもあるPUダイレクト・インジェクション製法で仕上げるには熟練した技術が必要。そしてアッパーに使われるのは、上質なラムレザーの産地として知られるスペインのなかでも、とくに涼しい高地であるピレネー山脈で飼育された羊から採れる「エントレフィーノ」。さらに、国産の起毛材を使ったライニングも「足あたりが柔らかい」と好評です。秋にはブーツタイプも登場します。

羊革を使った商品グループとともに、国産商品としての評価を高めているのが、「アキレス・ソルボ」らしさを徹底的に追求して生まれたユニークデザインの商品グループ。

Photo_20190814175502
ユニークデザインの国産モデル

「アキレス・ソルボ」ファンが求める『丸いカタチ』『柔らかい履き心地』『可愛らしいデザイン』などのキーワードを基に、個性的な商品を生み出しています。

Photo_20190814175503
よく見るとドットの模様が入っている

昨秋から発売したパッチワーク風デザインは、ブーツタイプもラインアップ。この秋冬は、同系色の薄いドットを入れたゴム紐タイプのシューズも提案しています。価格は1万7000円+税から2万5000円+税。

2019年8月13日 (火)

足袋型シューズの「ラフィート」がウォーキング用の履き心地を向上、リニューアルしています

Photo_20190813130601

岡本製甲(岡山・倉敷市)は、足の親指とその他の指が独立した足袋形状のシューズ「ラフィート」から、ウォーキング用モデルをリニューアルした「Lafeet VL07」(写真)を、今年6月から発売しています。

Lafeet VL07(1万1000円+税)は、これまでのラフィートの機能性はそのままに、熱圧着のアッパーで足馴染みを向上、ソールを厚くしてクッション性を高めたほか、踵を柔らかくして包み込むような履き心地にリニューアル。また、靴紐を収納するポケットを甲部に設計しています。

ラフィートは国内で底付けを行う国産モデルで、自社オンラインやスポーツ店、靴専門店などで販売し、リピーターも増えているとのこと。

ランニング用のLafeet Zipang(1万3000円+税)、アッパーに天然皮革を使ったLafeet LEATHER(1万7000円+税)や、看護師向けのLafeet for NURSE(1万円+税)などのほか、コラボレーションモデルも展開しています。

2019年8月12日 (月)

ミッドソールの重さを替えることでトレーニング効果を調整できる靴「フットパワー」が発売されています

Photo_20190812153901


マドラスは、今年3月から「Foot Power by madras(フットパワー バイ マドラス)」を販売しています。

靴自体に重みをもたせることで、日常的にエクササイズを取り入れることができ、足腰のトレーニング効果が得られる機能をもたせたシューズになります。価格は1万6000円+税から1万7000円+税。

3種類(約50g、約250g、約450g=25.5㎝片足)の重さの異なるミッドソールを入れ替えることができることが最大の特徴で、愛知県の藤田医科大学医学部リハビリテーション部門の才藤栄一教授のチームの協力のもと開発されました。

モニター8人にウィークデーの勤務時間(通勤時含む)のみ2カ月間履いてもらったところ、足の筋力がアップし、つまずきにくくなりスムーズな歩行が可能になると実証され、普通に歩く速さ(快適歩行速度)も平均12.1%アップしたそうです。

現在は、同社直営店のほか百貨店やオンラインなどで販売中。マドラスによると、ソールの厚みを変えることなく重さを変えられることがポイントで、これにより履き心地に違和感が出ません。このシステムは、特許出願中。

最も重いミッドソールを入れた時の靴の重さは約800g(片足25.5㎝)にしている。これは、機能を発揮させる重量の上限で、「これを超えると逆効果になりかねない」から。このため、来年2月から発売予定のレディスは、男女の筋肉量の違い(男性は女性の1.6倍)を考慮して、約500gを上限としています。


«「グッドシューズ グッドフット バイ リーガル」で女性店員が本気でおすすめしたいパンプスを限定発売

無料ブログはココログ