2020年6月 4日 (木)

ランニングブランド「361°」が抽選でシューズが当たるTwitterフォロー&リツイートキャンペーンを実施中です

Sub2_20200603172601


ゼットが展開するランニングシューズブランド「361°(スリーシックスティワン) target="_blank">」は、公式Twitterアカウント(@361Japan)をフォロー、キャンペーンツイートをリツイートし、コメントを投稿した人の中から、抽選で361°のクッション性重視モデル「スパイヤー4」が男女各5人に当たるキャンペーンを、6月7日(日)23:59まで実施しています。

2020年6月 3日 (水)

「プーマ」がブランド創設者、ルドルフ・ダスラー氏の名前を冠したコレクションを発売しました

Puma33-rudolf-dassler_1898-_-1974
ルドルフ・ダスラー氏


プーマジャパンは、「プーマ」創設者のルドルフ・ダスラー(Rudolf Dassler)氏の功績を称えた「ルドルフ ダスラー レガシーコレクション」を6月1日に発売しました。

374872_01adidas1
RALPH SAMPSON LO R.DASSLER LEGACY COL 1万7000円+税


1948年のブランド設立以来、「ルドルフ・ダスラーは、機敏に動くピューマの特性をシューズに取り入れ、アスリートを勝利に導きたいと考えていました」と、プーマ社のアーキビスト(保存価値のある情報の管理などを行う専門職)であるヘルムート・フィッシャー氏は述べています。

20aw_social_sp_dasslerlegacy_archivecont


その言葉通りに、1960年代から80年代にかけて、伝説のスプリンターだったトミー・スミス選手やジョン・カルロス選手、そしてバスケットボール界のレジェンド、クライド・フレイジャー選手やラルフ・トンプソン選手といった記録破りのアスリートたちが、こぞってプーマの名作シューズを愛用していました。

このコレクションには、「ファストライダー」「スカイロー」「スカイミッド」「カプリ」「ラルフサンプソンロー」「ラルフサンプソンミッド」「オスロシティ」「ローマ‘68」という往年のクラシックスニーカーが登場し、現代のライフスタイルに合わせてモダンに刷新されています。

Adidas2374878_01
SKY LX LOW R.DASSLER LEGACY COL 1万7000円+税


そしてアッパーには新たにホワイトプレミアムレザーが採用され、プーマの定番カラーであるレッド、イエロー、ブルー、グリーンで彩られたシュータンがアクセントになっています。

また、ダスラーの頭文字“D”の中をピューマが通り抜ける、創業初期のロゴをかたどったゴールドチャームや刻印がラグジュアリーな雰囲気を醸し出しています。価格は1万1000円+税から2万円+税です。

2020年6月 2日 (火)

東京レザーフェアの公式SNSがスタートしました

Photo_20200601160801
昨年の春に開催された東京レザーフェアの様子


今年5月27、28日に予定していた東京レザーフェア(TLF)の開催を、新型コロナウイルスの影響で中止した協同組合資材連は、このほど皮革業界とレザーファン要望に応える形で、「東京レザーフェア」の公式SNS(公式Facebook公式Instagram公式Twitter)を開設しました。

ここからTLFの情報に加え、加盟企業・団体のイチオシ素材や個展情報などのトピックスを発信いていきます。

また、イタリアで開催される素材の見本市、リネアペッレのトレンドセクション総責任者のアントネッラ・ベルタニン氏による「2021春夏リネアペッレトレンドオンラインセミナー」を6月12日(金)に開催することを発表。

詳細は、TLF公式サイトをチェックしてください。

2020年6月 1日 (月)

【梅雨シーズン到来】 ゴアテックスファブリクス搭載の「トップドライ」は年間通じて履ける短靴も強化しています

Photo_20200601120501
TDY3980 1万6000円+税


アサヒシューズの「トップドライ」は、120年を超える靴づくりの歴史を背景にした履き心地の良さをベースにしつつ、すべての商品に優れた防水耐久性と透湿性を兼備したゴアテックスファブリクスを搭載しています。

さらにラバーにガラス繊維やセラミック粒子などを配合したアウトソールで防滑性も高めていることが、リピーターを増やす理由のひとつになっています。

すべての商品を福岡・久留米市のアサヒシューズ本社工場で生産する「トップドライ」は、「濡れにくい(防水)」「蒸れにくい(透湿)」「滑りにくい(防滑)」シューズとして、北海道や東北・北陸地方などの積寒地での実績が高いブランドですが、最近では防水機能のあるシューズやブーツの需要の高まりを背景に、年間を通じて履け、晴雨兼用で普段の服装にも合うデザインや素材感の商品を提案し、短靴の人気品番も増えてきています。

「カジュアル」シリーズに投入した新製品としては、インステップ部に伸縮性のあるパワーネットを採用したことで足に優しくフィット、脱ぎ履きが簡単なLカット風デザインのTDY3980が注目されています。

さらに、ストレッチレースを使ってスリッポン感覚で履けるTDY3961や、3本の面ファスナーでフィッティングが調節できるラバーカップソールのTDY2105などもラインアップしています。

「エレガンス」シリーズでは、ビジネスシーンでも使えるパンプスタイプのTDY3938も人気です。

約50㎜のウェッジソールは歩きやすく、疲れにくいLAKUNAヒール仕様で、つま先と踵部に使ったコードレ®エアリー®がアクセントになっています。この春はベージュペイズリーを新色として加えています。

Photo_20200601120502
TDY3979 2万円+税

「エレガンス」シリーズの主役を務めるブーツは、梅雨シーズンなどにも履ける軽快感あるアイテムを増やしています。

筒丈約110㎜で異素材コンビアッパーに金属製ファスナーをアクセントにしたTDY3969のほか、そのTDY3969よりもシルエットをシェイプしてトップラインに飾りテープをあしらった筒丈約100㎜のTDY3979などが注目されます。

2020年5月30日 (土)

アシックスのスパイクピンのない陸上短距離シューズの技術が国際複合材料展で評価されました

200514jec-world2


アシックスのスパイクピンのない陸上スプリントシューズ「METASPRINT(メタスプリント)」に採用しているCFRTP(炭素繊維強化熱可塑性樹脂)を使った複雑な立体形状を実現する成型技術が、世界最大規模の複合材料の展示会「JEC WORLD 2020」のSports & Healthcare部門で、The JEC Composites Innovation Awardsを受賞しました。

この展示会は、1970年から毎年開催されており、出展企業は自動車、航空宇宙、建築業界を始め、医療、セキュリティ電子、産業機器物流、輸送業界など多岐にわたります。

メタスプリントのソールは、スパイクピンがトラックに刺さる・抜ける時間を短縮し、スプリンターの一歩ごとのエネルギーロスを減らしながら推進力を高めるものです。

アシックススポーツ工学研究所による実験では、同社陸上短距離用スパイクシューズと比較して、平均1秒あたり6.7㎝前に進めることが認められており、これは100m換算で0.048秒優位に走れることに相当するものです。

なお、「JEC WORLD 2020」は今年3月にパリで開催の予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で1年延期されました。

The JEC Composites Innovation Awardsの授賞式は、5月13日にオンラインで行われました。

2020年5月29日 (金)

バンダイの小学生向けスマートシューズ「アンリミティブ」に防水タイプが新登場しました

Photo_20200529155801


バンダイは、運動したデータをスマートフォンと連動させることで数値化し、遊びながら運動能力を高めることをサポートする小学生向けスマートシューズ「UNLIMITIV(アンリミティブ)」から防水タイプを新発売しました。

「アンリミティブ」は、専用のセンサーユニット(別売り、990円+税)をシューズにセットし、スマートフォンアプリと連動させてトレーニング結果をデータ化、貯めたポイントをアプリ内のゲームに使って楽しめる小学生向けスマートシューズ。

今回発売した防水タイプは、水深4cmに10時間浸けても水がしみ込まない防水設計を採用。

面ファスナー仕様で、カラーは全4色。価格は3990円+税です。

2020年5月28日 (木)

中国のアンタスポーツ社が世界スポーツ用品企業の4番手争いに加わってきました

Photo_20200528152701


世界のスポーツ用品企業の売上ランキングは、1位がナイキ社、2位がアディダス社で、3番手にプーマ社が抜け出してきたとお伝えしました。

そうしたなか、年商5000億円レベルの4番手争いに、急成長している中国のアンタスポーツ社が顔を出してきました。

同社は19年度も前年比40.8%増の339億2780万RMB(1RMB=15円換算で約5100億円)として、前期の3000億円台から一気に5000億円台に突入しました。

半分強を占める「アンタ」ブランドは同21.8%増、中国事業を有する「フィラ」が同73.9%増と大きく伸びています。

シューズの売上高は、114億970万RMB(約1700億円)で同32.2%増でした。

2020年5月27日 (水)

足の総合病院が監修したサンダル「テリック」に厚底モデルが登場しました

Sub1_20200527105701
ダブルフリップフロップ 6800円+税


フェローズが展開するアメリカ生まれの「TELIC(テリック)」は、トレーニングやアクティビティの後に疲労した全身を足もとから解放するリカバリーフットウェアを提案しています。

足の総合病院である下北沢病院(東京)の監修により開発されたサンダルは、「雲を歩くような履き心地」と表現されるように、独自素材により軽量で素足にフィットし、足をぴったりと包み込む履き心地が特徴です。

Sub2_20200527105801
ダブルバックル 7000円+税

こうしたテリックの履き心地をそのままに今シーズンは、トレンドの厚底仕様にした新製品として「ダブルフリップフロップ」(6800円+税)、「ダブルバックル」(7000円+税)、「ダブルストラップ」(6800円+税)、「アンクルストラップ」(7000円+税)の発売を開始しています。

また、4月30日からはオフィシャルオンラインストアをオープンしています。

2020年5月26日 (火)

コロンブスがスニーカーケア専用の日本製クロスを発売しました

Photo_20200525145901


コロンブスは、スニーカーケアのために開発した専用のクロス「スニーカーケア2WAY CLOTH」を発売しました。

表面と裏面でメインとなる糸を変えて織ることで、1枚の織物として様々な用途に使用できることが特徴です。

極細の繊維で抜群の吸水性を誇るマイクロファイバーが強く出たグレーの面は、洗浄後の泡、水分の拭き取りに効果を発揮します。

一方、コットンが強く出るライトグレーの面は、乾拭きや保革クリームの塗布に最適。

柔らかく、素材に対して優しいコットンは、少々強く擦っても素材を傷めにくいという特徴があります。

製品はパイル織で有名な和歌山県高野口で1枚1枚ていねいに生産されており、ほつれや糸くずが出にくく、汚れたら洗って繰り返し使用できる耐久性も兼ね備えています。

価格は800円+税です。

コナカ傘下のサマンサタバサジャパンリミテッドがフィットハウスを吸収合併します

Photo_20200525144301


紳士服チェーンのコナカは5月1日、連結子会社のフィットハウス(岐阜県可児市)と持分法適用関連会社のサマンサタバサジャパンリミテッド(東京都港区、以下サマンサタバサ)を合併することを決議したと発表しました。

合併方式はサマンサタバサを存続会社とする吸収合併で、合併予定日は7月1日。コナカは、合併後のサマンサタバサの持株比率を59.09%として連結子会社化する予定で、フィットハウスは解散となります。

サマンサタバサは、昨年9月にコナカと資本業務提携して持分法適用関連会社になりましたが、財務基盤を安定させるとともに業績向上が喫緊の課題となっていました。

一方、東海地区を中心にシューズ、バッグおよび服飾雑貨等を販売しているフィットハウスは、消費者の低価格志向を踏まえ、これまでの海外ブランドを中心にした高価格商品の販売から、SPA(製造小売り)システムを利用した高粗利の自社商品の開発・販売へのビジネスモデル転換が、今後の成長の重要な課題となっていた、としています。

«弘進ゴムがコードロック仕様の安全スニーカーを発売しました

無料ブログはココログ